« 【2023年】雨上がりの紫陽花の花 | トップページ | かっこいいシェビーのMTBが愛車でした »

2023/07/23

佐倉ふるさと広場で、オランダ風車とひまわり畑を、プチ観光してきました

Sakura_hometown_park_01

成田街道@千葉県を車で移動中に、佐倉市の夏花火会場の下見を兼ねて印旛沼のほうへ迂回したところ、オランダ風車とひまわり畑を見つけたので、立ち寄ってみました。

Sakura_hometown_park_02

まずはヒマワリから見ていきますね!

こちらのヒマワリの背の高さ(草丈)は、大体1メートルくらいです。それほど背は高くないので、子供たちも親しみやすいのではないでしょか。

ビンセントという品種だそうで、絵画「ゴッホのひまわり」で知られる、オランダ画家のゴッホの名前より命名されてます。

Sakura_hometown_park_03

黄色いヒマワリの花を見ると、なぜか元気をもらいますよね!

ガーデン一面には、約1万五千本のヒマワリの花が、すべて南の方角に向いて、咲き誇っていましたから、心と体をフル充電できた感じです。

Sakura_hometown_park_04

オランダ風車は、一階と二階が解放されていて見学できるので、靴を脱いで木の階段をのぼり、二階へいってみました。

Sakura_hometown_park_05

風車の二階には、オランダ製の自転車が、何点か展示されてました。

その中で一番気に入ったのは、「Oma(オーマ)」という名前の自転車。

オランダのクラシカルなデザインの自転車で、「Oma」はオランダ語で「おばあちゃん」という意味だそうです。

Sakura_hometown_park_06

オランダのナショナルカラーのオレンジを纏った自転車は、フレームの太さや構造から、すごく頑丈につくられているのが分かります。

自転車大国がつくったワークサイクルは、子供も荷物もバンバン積めそうで、実用的であり使い勝手も良さそう!

Sakura_hometown_park_07

木製の靴も展示されてましたよ~

木靴は今まで一度も履いたことがないけど、履き心地はどうなんですかね。靴ずれとか怖そうですが。。(笑)

Sakura_hometown_park_08

風車の二階の窓から眺めた、ひまわり畑。

訪れた日が平日でしたので、人の姿はまばらでした。

Sakura_hometown_park_09

風車の構造部は、オランダで部品を製作して、日本で技師が組み立てたそうです。

風の力を利用して、木製の軸を回転させて動力を伝達して、水を汲みあげる仕組みですね。

Sakura_hometown_park_10

交差角度が直角で、回転数を減速させるための、からくり(木製の歯車)です。

風車の運転日ではなかったため、からくりが動いている様子が見れなかったのが、少し残念です。

Sakura_hometown_park_11

佐倉ふるさと広場では、夏の暑い時期はヒマワリ、春はチューリップ、秋はコスモスの花が、咲きそろうのだそう。

京成佐倉駅から、コミュニティバスに乗っても行けるみたいですので、休日にのんびりと私鉄電車に乗って、オランダ風車が動いている雄姿を観にいくのも、よいかもです。

|

« 【2023年】雨上がりの紫陽花の花 | トップページ | かっこいいシェビーのMTBが愛車でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【2023年】雨上がりの紫陽花の花 | トップページ | かっこいいシェビーのMTBが愛車でした »