« つくばエクスプレス線「新御徒町駅」の剛体架線スパークは凄かった! | トップページ | ホンドギツネ(本土狐) »

2013/04/14

満開の里桜の花を愛でてきました(2013年春 at 東京)

Cherry_blossom_20130413_01

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/125秒)
+0.5段 / ISO 100

卸したての ニコン D7100 を持って、里桜たちの写真を撮ってきました。

撮影場所は、先月にソメイヨシノの撮影(← D800機 使用)に行った場所と同じ、都市農業公園です。

自機の ニコン D7100 は、自宅で試し撮りをした後スグに、イベントカメラマンとして参加したコンサートにて何百枚か撮影しており、カメラの性格は少しですが把握しています。

ただこの時は、流石に冒険をした撮影はしていなかったので、今回はどんだけ楽しめるカメラなのか、いろいろと試してみました。

掲載写真は、ブログシステムの制約もありリサイズしておりますが、撮って出しのJPEG画像です(RAW現像やレタッチは一切しておりません)。

では、ローパスフィルターレス仕様のDXフォーマットカメラで写した、里桜たちの写真をお楽しみ下さい ・・・

※ 写真はクリックして拡大表示(900px×600px)できます。

Cherry_blossom_20130413_02

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/60秒)
+0.5段 / ISO 100

鬱金(うこん)という品種の桜です。

黄緑色の花が特徴です。

Cherry_blossom_20130413_03

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/60秒)
+0.5段 / ISO 100

御衣黄(ぎょいこう)という品種です。

桜のイメージとは程遠いですが、里桜の仲間です。

Cherry_blossom_20130413_04

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/20秒)
+2.0段 / ISO 100

八重咲きの桜として有名な“関山(かんざん)”です。

露出はオーバー気味にしております。

Cherry_blossom_20130413_05

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/20秒)
+2.0段 / ISO 100

同じく“関山”です。

Cherry_blossom_20130413_06

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/60秒)
+0.5段 / ISO 100

“日暮(ひぐらし)”という品種の桜の花。

Cherry_blossom_20130413_07

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/125秒)
+0.5段 / ISO 100

同じく“日暮”です。

Cherry_blossom_20130413_08

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 18mm
絞り優先オート(F22、1/45秒)
-0.5段 / ISO 100

レンズを絞って、太陽を直接写した逆光での写真になります。

(アクティブDライティングはオート)

RAWでも写しているので、自分で現像すれば弄り我意がある写真だと思いますが、今回はやめておきます。

東京の空の色を適正に露出するように心掛けました。

Cherry_blossom_20130413_09

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 18mm
絞り優先オート(F8、1/4秒)
+5.0段 / ISO 100

柔らかい写真になるように、背景を白く飛ばしています。

(露出補正は+5.0段)

Cherry_blossom_20130413_10

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 31mm
絞り優先オート(F8、1/10秒)
+3.0段 / ISO 100

桜の品種は“一葉(いちよう)”です。

(露出補正は+3.0段)

Cherry_blossom_20130413_11

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F5.6、1/180秒)
+0.5段 / ISO 100

サクラつながりで、芝桜も掲載してみます。

かなり低い位置から撮影していますので、ファインダーを覗かず、ライブビューを見ながら構図しています。

Cherry_blossom_20130413_12

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 90mm
絞り優先オート(F8、1/350秒)
-0.5段 / ISO 100

大島桜(おおしまざくら)。

Cherry_blossom_20130413_13

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 48mm
絞り優先オート(F8、1/45秒)
+2.5段 / ISO 100

設定を変えて撮影した、大島桜(おおしまざくら)。

Cherry_blossom_20130413_14

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 105mm
絞り優先オート(F5.6、1/1500秒)
-1.0段 / ISO 100

アンダー気味に、空と雲を意識して写した、普賢象(ふげんぞう)の花。

Cherry_blossom_20130413_15

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 70mm
絞り優先オート(F5.6、1/1000秒)
-1.0段 / ISO 100

関山(かんざん)。

Cherry_blossom_20130413_16

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 20mm
絞り優先オート(F4.8、1/180秒)
+2.0段 / ISO 100

鬱金(うこん)。

Cherry_blossom_20130413_17

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F11、1/30秒)
0段 / ISO 100

都市農業公園前の里桜の並木です。

もう、花びらが散り始めていたので、並木を歩いていると、風が吹けば「花びらのシャワー」が降り注ぎ、とても美しい場所でした。

Cherry_blossom_20130413_18

Nikon D7100
AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II / 200mm
絞り優先オート(F11、1/30秒)
0段 / ISO 100

最後は、八重桜の中では最も美しいといわれる、“松月(しょうげつ)”の花で締めますね。


今回は、ニコン D7100 に、万能ズームレンズである「AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II」を装着して、絞り値と露出補正を変えて写真撮影したのですが、このカメラシステムではどんな場面にも対応できて、とっても便利でしたよ。

(日中の明るい場面なら、このカメラとレンズ一本で幅広く対応できます)

ニコン D800 をメインカメラの位置付けで考えておりましたが、D7100 の素質がとても良いので、これからは D800(FX機ならではのボケ味) + D7100(DX機ならではの望遠効果) の両メイン体制で、写真撮影に臨みたいと思います。

|

« つくばエクスプレス線「新御徒町駅」の剛体架線スパークは凄かった! | トップページ | ホンドギツネ(本土狐) »

フォトグラフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/57164937

この記事へのトラックバック一覧です: 満開の里桜の花を愛でてきました(2013年春 at 東京):

« つくばエクスプレス線「新御徒町駅」の剛体架線スパークは凄かった! | トップページ | ホンドギツネ(本土狐) »