« 満開の染井吉野の花を愛でてきました(2013年春 at 東京) | トップページ | 満開の里桜の花を愛でてきました(2013年春 at 東京) »

2013/03/31

つくばエクスプレス線「新御徒町駅」の剛体架線スパークは凄かった!

Shinokachimachi_station_01

つくばエクスプレス線、新御徒町駅。

かなりマニアックなネタになりますが、地下4階に潜むコンクリートの造形美と、ド派手な『架線スパーク』が見られる、自分的にはお気に入りの場所のひとつです。

上の写真は、新御徒町駅より見て、つくば方面のトンネルになりますが、とても幻想的な空間でしょ。。

なお、架線スパークの模様は、動画と静止画の2本立てで、記事後半に掲載しておりまする。

Shinokachimachi_station_02

つくばエクスプレス線の「新御徒町」駅は、島式ホーム1面2線の地下駅で、都営地下鉄大江戸線との接続駅となっています。

研究開発機関が集結している筑波方面へ仕事で向かう時には、秋葉原駅で乗り換えて「つくばエクスプレス」を利用するので、この新御徒町駅はいつも通過駅になってしまっているのですが、プライベートではよく利用しておりまする。

地下の駅にありがちな、暗い・狭い・臭いようなイメージはなく、明るくて清潔なホームはとても好印象です。

Shinokachimachi_station_03

浅草駅から、コォーという音と共に電車が来ました。

(休日日中の)駅の利用客は少ないので、シーンと静まり返った空間から電車が現れる姿は、とても感動モノです。

Shinokachimachi_station_04

暗いトンネル内で測光しているので、ヘッドライトは白とびしてますが、まぁやむを得ない!?でしょうか。

それよりも、コンクリートだらけの地下の冷たい虚空を、見て欲しいです(そういう意図の写真です)。

Shinokachimachi_station_05

(ホームの先端は広いので、安全な場所より撮影しています。)

つくばエクスプレスの車体は、アルミニウム合金にアルマイト処理を施したボディが、使われております。

地上で走っている時には明るいアルミの地色も、地下だとマッドな暗めの銀色に変わり、重厚感がありますよね。

Shinokachimachi_station_06

被写体ブレで速度感を演出 ・・・

というか、周囲が暗いのでシャッター速度を上げられなかったのが、正解です。

Shinokachimachi_station_07

ホーム先端より、秋葉原方面を見た画です。

本当は、もっと暗い場所なのですが、こうやって明るい写真にすることで、無機質なコンクリートや鉄の柱も、芸術的な建造物のように見えるから不思議です。

Shinokachimachi_station_08

さて、秋葉原駅へ電車が発車しました。

Shinokachimachi_station_09

冒頭で述べていた架線スパークは、お隣の秋葉原方面へ向かう電車で見られます。

バチッ、バチン、バチバチバチと派手な音を立てながら、暗いトンネル内で、剛体架線とパンタグラフの集電部に、オレンジや青白い炎を放電しています。

Shinokachimachi_station_10

電車のスピードが加速すると、もっとすごいことに。。。

詳しくは、上の動画でどうぞ。

現地に行くと、もっと臨場感があると思いますが。。

(カメラレンズの手ブレ補正は利用していますが、三脚は利用してませんです)

Shinokachimachi_station_11

スパークしている瞬間は、写真のほうがよく分かります。

Shinokachimachi_station_12

鉄分が多い方の中には、架線スパークのマニアの方も、(自分も含めて)恐らく沢山いますよね。

なので、是非、つくばエクスプレス線の「新御徒町駅」もおさえておいてクダサイー!


首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス線)、新御徒町駅の駅情報はこちらをご覧になってください。

|

« 満開の染井吉野の花を愛でてきました(2013年春 at 東京) | トップページ | 満開の里桜の花を愛でてきました(2013年春 at 東京) »

ミセレイニアス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/57075190

この記事へのトラックバック一覧です: つくばエクスプレス線「新御徒町駅」の剛体架線スパークは凄かった!:

« 満開の染井吉野の花を愛でてきました(2013年春 at 東京) | トップページ | 満開の里桜の花を愛でてきました(2013年春 at 東京) »