« アムールトラ | トップページ | 【神アプリ】高音質音楽再生アプリ『UBiO for iPhone』で音楽を聴こう! »

2012/12/05

日光国立公園日帰り観光

Nikko_in_autumn_001

11月下旬の連休最終日は、栃木県の「日光国立公園」へ行ってきました。

僕を担当する保健師の“おねいさん”から、とにかく運動をしなさい!と、うるさく言われているので、晴れた日には表に出るようにしています。

僕がカメラを持って外出する場合、だいだい10~20kmは平気で歩きますから、写真の趣味は体のためにも良いのかな~とも思ってます。

そんな訳で日光へ Go !

Nikko_in_autumn_002

日光へは、ぶらりと電車に乗って行ってきました。東京からのアクセスなので、2時間程度で現地に到着します。

なお、東武日光駅に到着すると、JR東日本253系1000番台、特急「日光」が停車していました。

JR新宿駅を発車して東武鉄道線に乗り入れている、直通特急列車ですね。一世代前の成田エクスプレスを改造し、再塗装した車両です。

Nikko_in_autumn_003

今回の日帰り旅行、、というか日光への散歩は、全然計画性がなく、朝早起きして天気が良かったから、真紅に染まった“もみじ”が見たかったから・・・

なので、特急列車のチケットを手配する余裕もなく、上の写真の東武快速列車に飛び乗って、行ってきましたよ。

Nikko_in_autumn_004

東武日光駅の駅舎です。

当日は、雲は少しありましたが、おおむね良好な天候でした。

この東武日光駅は、海抜538mの位置にあり、空気もひんやりとしています。

Nikko_in_autumn_005

東武日光駅から日光国立公園へは、いろは坂~中禅寺湖~奥日光方面に通じる、日本ロマンチック街道を利用するのが普通だと思います。

でも、観光地の駅周辺の道を歩いても、全然面白くないので、、、

Nikko_in_autumn_006

日本ロマンチック街道とほぼ平行して流れる、大谷川(だいやがわ)の川原を歩いて、日光国立公園を目指しました。

当日の川の水量はほどほどでしたが、でっかい岩がゴロゴロ転がっていましたから、大雨や台風のときにはかなりの水量になるのでしょうね。

Nikko_in_autumn_007

枯れススキです。

秋晴れの青空を背景に、カメラでぱちりと!

うん、とっても平和、気分も爽快です。

Nikko_in_autumn_008

大谷川と平行する道路には、動物注意の警戒標識などもありました。

標識のマークはシカなので、きっと鹿が多く出没すのでしょう。

日光の野生動物というと、イタズラ好きな野ザルのイメージがあるのですがね。

Nikko_in_autumn_009

観光地特有の渋滞もはじまってましたね。

それほど醜い渋滞ではないと思うのですが、Uターンしているタクシーなども見られました。

駐車場も満タン状態!?

Nikko_in_autumn_010

黄色からオレンジ色に色が変わりかけているカエデ。

グラデーションがきれいですね。

Nikko_in_autumn_011

大谷川に掛かる橋を渡ると、日光東照宮などがある「日光国立公園」があります。

あ、写真に写っている赤い橋は有料で、いちおう歩いて渡れるのですが、渡りきったところで通行止めになりますよ。

(この橋の先の道は、マヂありません。です!)

Nikko_in_autumn_012

“いちょう”でなく黄色く染まった“かえで”の葉です。“いちおう”お伝えいたしますね。

Nikko_in_autumn_013

では、目的地の「日光国立公園」へ。

Nikko_in_autumn_014

さて、ここが日光山の入り口。

ここから、キツイ階段や坂道を登り、日光東照宮を目指します。

Nikko_in_autumn_015

公園内は、杉の巨木は見ていてスゴイのですが、カエデの木はわずかしかないので、気持ちだけ紅葉の模様をお伝えします。

日光の紅葉は、もちょっと少し先の“いろは坂”や“中禅寺湖”まで行かないと、満喫できない、と思いますよ。

Nikko_in_autumn_016

こちらは、輪王寺の反対側にある、逍遥園(しょうようえん)の池泉。

日光の紅葉名所らしいですが、この庭園内の建物や木々は、写真に残しておこうとは感じませんでした(もう、枯れているカエデの葉が多かったです)。

Nikko_in_autumn_017

人出のほうは、多くも無く少なくも無く、なんか微妙。。。

外国人の観光客はそれなりにいましたが、娯楽施設が多様化している現在では、昔からある観光地に集客するのも難しそうです。

Nikko_in_autumn_018

東照宮とは、神格化した徳川家康を祀る神社のこと。

東照宮の中でも「日光東照宮」には、徳川家康の墓所があるのでも有名ですね。

江戸時代当時は徳川家の権力を示す場所でもあり、江戸時代につくられた寺社仏閣の中でも、当時の職人の最高技術や、江戸文化の最高芸術が見られる場所であったりします。

Nikko_in_autumn_019

下神庫(しもじんこ)。

東照宮に入ったスグ右側にあります。

Nikko_in_autumn_020

「神厩舎」の 見ざる 言わざる 聞かざる の三猿。

この教えは、小学生の頃に習ったのかな!?

大人になった今の自分でも、この教えはいちおう守っているつもりです。

Nikko_in_autumn_021

上神庫(かみじんこ)。

Nikko_in_autumn_022

「上神庫」の屋根下には、ゾウの彫刻があるぞー。

江戸時代初期の日本にゾウがいたかなんて!?と、ふと思い、帰宅して調べてみたら、実物を知らないで描いた下絵をもとにした、彫刻らしいです。

Nikko_in_autumn_023

おなじく「上神庫」の屋根下。

金箔を施した彫刻が美しいですね。

Nikko_in_autumn_024

御水舎(おみずや)の建物。

手水舎のことで、拝礼の前に手を洗い口をすすいで身を清めるところ。。

カメラを下にパンすると、観光客がうじゃうじゃいます。

Nikko_in_autumn_025

「御水舎」の屋根下をアップで。

Nikko_in_autumn_026

そろそろ、日光東照宮の真髄へ!

鳥居をくぐり、めちゃ急な階段を登ると、、

Nikko_in_autumn_027

日光東照宮の建物の中でも、最も知られている陽明門。

いつまでも見ていて飽きないことから、別名「日暮らしの門」と呼ばれているそうです。

Nikko_in_autumn_028

「陽明門」の彫刻群。

みごとな複雑な彫刻と極彩色は、見ていて飽きない。本当にすんばらしい。

なので、しばらくサイレンスモードでどうぞ。

Nikko_in_autumn_029

(陽明門の表側の彫刻群)

Nikko_in_autumn_030

(陽明門の表側の彫刻群)

Nikko_in_autumn_031

(陽明門の裏側の彫刻群)

Nikko_in_autumn_032

(陽明門の裏側の彫刻群)

何十年も、この極彩色を維持するのは難しいらしく、明治、大正、昭和と、創建後に何度か大修理されている模様です。

現在は、平成の大修理中であります。

写真のほうも、創建当時を再現するよう、いやらしくないように多少手を加えておりまする。

(RAW現像にて、WBは昼光、マイナス露出、コントラストは高め、シャープネス処理とノイズ除去処理、きもちシャドウを持ち上げてます)

Nikko_in_autumn_033

廻廊(かいろう)。

陽明門から延びる外壁です。

Nikko_in_autumn_034

(廻廊)

この回廊には、鳥や花の彫刻が飾られています。

彫刻は、個々のパーツを組み合わせるのでなく、分厚い一枚の板から彫っているのだから、江戸時代の職人の技巧はスゴイとしか言い様がありません。

いまさらですが、この記事の写真はすべて、クリックすると拡大表示できますよ!

Nikko_in_autumn_035

(廻廊)

Nikko_in_autumn_036

陽明門をくぐって、真正面に見えるのが“唐門”です。

この唐門の先には、拝殿があり、ご本堂様があります。

しかし、日光東照宮には「丸に三つ葉葵」の紋が、建物の各所にみられますね。

水戸黄門様の印籠の紋で、奉行様も悪代官も悪侍も一般庶民もタジタジなのに、、、すんごいパワーを感じます。

Nikko_in_autumn_037

上の写真の中に、日本航空機の“鶴丸マーク”のような彫刻もあるぞ。

(もしかして、パクリか!?)

Nikko_in_autumn_038

だれも見向きもしなかった落ち葉だって、写真に収めれば・・・画になります。

Nikko_in_autumn_039

場所を移動して、こちらは大猷院(たいゆういん)仁王門の仁王門様。

2体の仁王像が門を守っておりまする。

(顔付きコワイ!?一番怖そうなアングルでパチリ!ひぇ~)

Nikko_in_autumn_040

修復を終えた彫刻は、立体になった絵画を見ているようで、しばらく飽きません。

古くなった塗装を丁寧に剥がしたあと、新しい漆を塗って、薄さ約1万分の1ミリ(0.0001mm)の金箔を施し、熱で溶かしたニカワ入りの岩絵の具を筆で塗る。

ホント、気が遠くなりそうな作業です。

日本人は、まじめで忍耐強く決して手を抜かず手先が器用だからね。

日光東照宮は、創建から約400年経ちますが、巧みな職人たちのDNAは、現在の日本人のどこかに、宿しておりますよね。

Nikko_in_autumn_041

日光国立公園の殆どの建物が重要文化財であり、国宝の美術品も数多くあります。

江戸時代の装飾美や極彩美も、この場所に集約されております。江戸文化の最高の技が、詰められている数少ない場所です。

Nikko_in_autumn_042

真紅の染まった“もみじ”を見るもよし。

Nikko_in_autumn_043

日本の卓越した技巧をみるもよし。

Nikko_in_autumn_044

江戸文化の最高技術に触れることができ、日光に行って本当に良かったと思います。


あと。徳川の独裁政権には反するところがありますが、、、

莫大な資金力があれば、道路をつくれ、建物を建てられ、にもなれますねw

|

« アムールトラ | トップページ | 【神アプリ】高音質音楽再生アプリ『UBiO for iPhone』で音楽を聴こう! »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/56232647

この記事へのトラックバック一覧です: 日光国立公園日帰り観光:

« アムールトラ | トップページ | 【神アプリ】高音質音楽再生アプリ『UBiO for iPhone』で音楽を聴こう! »