« 明けましておめでとうございます! | トップページ | マウスコンピューター3つのポイント! »

2012/01/22

ステレオ誌2012年1月号の特別付録

January_issue_of_stereo_01

2011年12月発売、ステレオ誌2012年1月号付録のデジタルアンプ(完成品)。

ラックスマンとステレオ誌のコラボにより実現し、デジタルアンプICにはSTマイクロ社の「TDA7491HV」を搭載しています。

以下、サイレントモードでどうぞ~

January_issue_of_stereo_02

January_issue_of_stereo_03

January_issue_of_stereo_04

January_issue_of_stereo_05

January_issue_of_stereo_06

January_issue_of_stereo_07

January_issue_of_stereo_08

January_issue_of_stereo_09

January_issue_of_stereo_10


January_issue_of_stereo_11

簡単ライトチューンをします。

OPアンプはDIPソケットに装着されているので、サクッと取り外します!

January_issue_of_stereo_12


January_issue_of_stereo_13

OPアンプのみ換装(バーブラウン OPA2134PA)。


January_issue_of_stereo_14

バーブラウン、OPA637BP×2 にしてみます。

「OPA637BP」が一回路なのと、(周りのケミコンが邪魔になり)高さが必要になるので、ゲタにはかせます。

January_issue_of_stereo_15

これで、少しはマトモな音になったかな !? ざらついていた音が滑らかになり、空間表現がより豊かになりました。

やや高価なOPアンプですが、ジャンク箱に眠っていた石を利用しているので、ぜんぜん懐は痛くない!です。


January_issue_of_stereo_16

最近のデジタルアンプは音が良くなったなぁ・・・と、技術の進歩を実感しました!

改造するなら、電源のグレードアップと、音響用のケミコンに交換かな。おそらく乾電池の電源でも音はよくなるはずです(乾電池を接続するときは、極性を間違えないように・・・)。

|

« 明けましておめでとうございます! | トップページ | マウスコンピューター3つのポイント! »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/53608039

この記事へのトラックバック一覧です: ステレオ誌2012年1月号の特別付録:

« 明けましておめでとうございます! | トップページ | マウスコンピューター3つのポイント! »