« BTOパソコンメーカー マウスコンピューター本社へ訪問してきました。 | トップページ | 【マイクロゲーミングPC】マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR-MICRO は、こういうPCだっ! »

2011/06/26

【ダブル水冷】マウスコンピューター 「MASTERPIECE」 実機レビュー

Masterpiece_02

マウスコンピューターのゲーム向けデスクトップPC、

ハイエンドモデル G-Tune MASTERPIECE

マウスコンピューター本社にて見て触れてきました。

この部類のPCでは、高スペックを要求するゲームが多いため、演算能力の高いCPUやGPUなど、高性能で高品位なパーツがふんだんに投入されています。

また、最新のアーキテクチャを採用したマシンのほうが処理性能は高くなる傾向があり、最新鋭のパーツであればあるほど、ゲームを快適に操作できるように思えます。

メーカー製PCでなく自作PC機でも、同等のハイスペックマシンを組むことは可能ですが、ハイスペックであるほどパーツの発熱量も消費電力も多い傾向で、PC内部のエアフローまで含めたトータルな冷却システムと電源容量まで考えてマシンを組まないと、PCの安定動作は保証できません。

一般に電子部品の放熱や廃熱は、装置メーカー自身が苦しんで頭をひねらせて解決させていますから、特に高性能で高スペックなマシンが必要な場合は、メーカー製PCを購入したほうが安心で快適であるといえます。

あと、ゲーム向けPCとは言ってもゲームをやらなくて全然平気です。その時代の最先端の最速PCを得ようとする方が限定になります。

(ただ、高性能の代償として、多少動作音のうるさいマシンになります。WEBブラウジングやオフィススイートの使用程度では、完全オーバースペックです。)

負荷の掛かるアプリケーションとして、動画編集や動画エンコード、3Dグラフィックスソフト、写真編集ではRAW現像ソフトなどがありますが、このようなアプリをよく使うユーザーのターゲットマシンになるとも思います。

Masterpiece_03

※ 画像をクリックすると拡大表示できます

G-Tune フラッグシップモデルの MASTERPIECE では、ダブル水冷システムを採用しています。水冷システムの1系統はCPU冷却専用のため、もう1系統はグラフィックスカード冷却専用のためにです。

ちなみに、水冷システムとはレシプロエンジンを搭載した自動車にも採用されている効率的な熱変換システムで、PCに水冷システムを導入するメリットとしては、マシンに高負荷が短時間に掛かった場合、比熱の低い冷却水が媒体になっているため、発熱体の温度上昇が緩やかになることです。急激に負荷が掛かった場合でも、ある程度余裕をもって冷却する時間にあてられます。

ただ、このPCに搭載されているラジエータは、ケースファン1個分のサイズしかないので、もっと大きな容量のラジエータにして大きなファンを採用したほうが、静かに強力に冷却することも可能と考えますが、静音のために水冷システムを導入している訳ではないので、これくらいの容量がパフォーマンス的には丁度良いのでしょう。

もうひとつ水冷のメリットとしては、

「水冷パソコン = 高性能・高機能 = カッコイイ!」

みたいなイメージ(見栄?)もあり、水冷パソコンのオーナーだけが持てる優越感も大きな要素だと感じます。おそらく水冷パソコンというだけで、周囲の人に自慢できるはずです。

ケース内部のエアフローは、左サイドパネルに開いている無数の穴が吸気孔となり、ラジエータに付属するファンやその他のファンにて、ケース外部に熱を放出しています。

ケース内部には、外部からのフレッシュなエアーが常に吸い込まれていますから、熱に弱いとされる電子部品の電解コンデンサや、稼動部であるHDDの軸受にも良い影響を与え、PC部品の耐久性があがるように設計されています。

ちなみに、フロントのファンは前面側に熱が排出されるようになっていますので、(あんまり無いと思いますが)フロントパネルに顔を近づけると、生暖かい風が顔に吹きかけます。

Masterpiece_04

CPU側の水冷システム(Asetek 製)。

CPU上部に取り付けられた“コールドプレート”と“ポンプ”を一体化したユニットと、ファンを装着したラジエータのユニットからなり、2つのユニットを2本のチューブで接続した構造になっています。

完全密閉式で給水などのメンテナンスは不要。MTTF(平均故障寿命)は 50,000 時間なので、約5年以上の期待寿命になっています。

あと、水冷とはいっても冷却水に不純物の多い水道水やミネラルウォーターは使用されておらず、防腐目的や揮発防止のための添加剤が加えられた水を主成分とする液体が、使用されていると思われます。正しくは水冷でなく液冷といったほうが良いかもしれません。

マウスコンピューター/G-Tune

Masterpiece_05

グラフィックスカード専用の水冷システム。

グラフィックスカードこそ、水冷にする効果が絶大です。

近年のグラフィックスカードは、パソコンパーツの中で最も消費電力が多いと言っても過言ではなく、高性能になればなるほど電力を消費し、発熱量もモノすごいことになっています。

これを、スペースの限られている PCI Express スロットのサイズで冷却しようとすると、小型のファンを1個または複数個で冷却することになり、必然的にファンの回転数を高くしなければなりません。

PCI Express スロットの高さを2基分使用し、1基分の高さを犠牲にしてケース外に廃熱させる冷却システムなら良いのですが、排気システムを持たない GPU だけ冷却するためだけのファンの場合ですと、GPU は冷やせたとしてもケース内の温度が上昇してしまうこともあり、ケース内のエアフローが未完全なときには単純に熱い空気をケース内でかき回していることもあります。

この水冷システムは、ポンプで冷却水を循環させながら、発熱体の熱をコールドプレートで水媒体に吸熱して、水媒体によって熱が移動し、面積の広いラジエータ部で放熱することが目的ですから、限られた狭いスペースにこそ有効な手段であると考えます。

Masterpiece_06

グラフィックスカード用の水冷クーラー。

フロントパネル中央部を裏側から眺めると、フロントパネルのすぐ裏に冷却用のファン、その手前にラジエータと循環用ポンプが配置されています。

ふつうのPCケースであれば、フロントファンはケース内に空気を送り込むのですが、このマシンではその逆にケース内の空気とラジエーターの冷却も兼ねて、ケース内部の空気を外部に排出しています。

マウスコンピューターさんの見解では、熱せられた空気をケース内部にため込まないように、ケース内部の温度を極力上げないように、空調設計しているとのことです。

マウスコンピューター/G-Tune

Masterpiece_07

ストレージ用の内蔵 3.5 型ベイが 4 基分、フロント側の下段に設置されています。

主に重量のある 3.5“HDD をマウントすることが多いことから、重心が低くなり不要な共振を抑える効果も期待できます。


以上、ざっくりと空調まわりなどを中心にこのマシンをみてきた訳ですが、ブラックを基調としたマシンの内部が非常にキレイにまとめられて、カッコイイと思いませんでしたか?

組み立てはセル生産方式。この芸術的な仕上げは、日本国内の工場で組み立てられているのはもちろんのこと、このマシンを組み立てるのを許された一部の限られたエキスパートの匠の技によって、非常に丁寧に組み立てられています(マウスコンピューターさん談)。

Masterpiece_08

  G-Tune MASTERPIECE KEYBOARD

キースイッチに「静電容量無接点方式」を採用、東プレ社の「Realforce」シリーズとのコラボレーションにより誕生した、究極のゲーミングキーボード。

 特 徴

  • Nキーロールオーバーに対応し、全キー同時押しをサポート

  • ゲーム中の誤動作を防止するキーストッパー同梱

  • ゲーム使用の多いキーの色違い版を同梱

G-Tune シリーズのオプションに用意され、単体での購入も可能です。

Masterpiece_09

MASTERPIECE(マスターピース:傑作・名作)の称号を与えたこのマシン。

  • 現時点で考えられる最高のスペックを、長く使っていきたい!

  • CPUもVGAもメンテナンスフリーで水冷化したい!

  • 屈指の冷却能力を誇るパソコンを手に入れたい!

このような要望にも応える、高性能で高品質なパーツを厳選して使用した、完成度の高いパソコンだと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

       MASTERPIECE の製品コンセプト

G-Tune の傑作・代表作となるフラグシップ。

「MASTERPIECE」

高品質なPCケースを提供する「Abee」とのコラボレーションにより誕生した「拡張性・冷却・利便性・制振性・高級感」の全てを満たし、自作PCケースとは完全なる決別を実現した、G-Tuneでしか手に入れることができない、究極のゲームパソコン。
マウスコンピューター/G-Tune

マウスコンピューター ゲームパソコンブランド「G-Tune」 の詳細は、こちらよりご覧いただけます。

マウスコンピューター/G-Tune

|

« BTOパソコンメーカー マウスコンピューター本社へ訪問してきました。 | トップページ | 【マイクロゲーミングPC】マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR-MICRO は、こういうPCだっ! »

商品レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/52049672

この記事へのトラックバック一覧です: 【ダブル水冷】マウスコンピューター 「MASTERPIECE」 実機レビュー:

« BTOパソコンメーカー マウスコンピューター本社へ訪問してきました。 | トップページ | 【マイクロゲーミングPC】マウスコンピューター G-Tune NEXTGEAR-MICRO は、こういうPCだっ! »