« 222形式(200系) | トップページ | 日本丸 「総帆展帆(そうはんてんぱん)」の撮影に行ってきました »

2011/04/17

春爛漫 桜の花を愛でる

さくら

東京の“染井吉野”は、あっという間に桜吹雪になってしまいましたが、あわてない あわてない。

まだ、たくさん桜の花が咲いているサクラの名所があります。足立区の都市農業公園です。

こちらは、ヤエザクラやサトザクラが中心だから、ソメイヨシノより10日ほど遅く花見ができるんですよね。
(でもね、こちらの場所も今年はそろそろ見納めみたい。。。)

桜の花は、日本人の心のふるさと。色々な品種の桜を撮ってきましたから、どうぞご覧になってください。

● 関山(かんざん)

関山

少し遅い時期に咲く“寒山”の花。八重桜の代表的な品種ですね。

塩漬けになったこの花を、桜湯(桜茶)で飲みながら目で楽しんだ方も多いのでは・・・と思います。


● 高砂(たかさご)

高砂

早咲きなので“早生都(わせみやこ)”とも呼ばれます、八重咲きのピンクの花です。


● 山桜(やまざくら)

山桜

古来より親しまれてきた自生種。


● 手弱女(ておやめ)

手弱女

もとは京都の平野神社固有の品種だそうです。


● 駿河台匂(するがだいにおい)

駿河台匂

江戸駿河台の庭園にあったもの。

木の下を通ると、すごくいい香りがします。


● 松月(しょうげつ)

松月


● 鬱金(うこん)

鬱金

黄緑色の花が特徴ですね。


● 太白(たいはく)

太白

3センチ近くある大輪が特徴。少しだけ、咲いていました。

イギリスから里帰りした桜です。


● 天の川(あまのがわ)

天の川

枝が上に向いて成長し、花も上向きに咲いています。

ネーミングは素敵ですが、営業心が無いでのう(笑


● 日暮(ひぐらし)

日暮


● 白妙(しろたえ)

白妙

純白の桜の花も、いいものですねぇ・・

それも八重で大輪です。


● 八重紅枝垂(やえべにしだれ)

八重紅枝垂

八重咲きの小輪の花を咲かせるシダレザクラ。近くでみると、とてもカワイイです。


● 八重紫桜(やえむらさきざくら)

八重紫桜

ムラサキザクラの実生(みしょう)を栽培中に生まれた品種。

Photo_16

球状に咲いていて、とても見応えがありました。


● 御衣黄(ぎょいこう)

御衣黄

黄緑色の花が咲く桜。 鬱金桜より色が濃いですね。


サクラの花びらは淡紅色というイメージがありますが、色々なサクラの品種があるものですね。

陽気も春らしくなり、静かに咲き誇るサクラを愛でて、よし頑張ろうという気になれました。

がんばろう、日本。

|

« 222形式(200系) | トップページ | 日本丸 「総帆展帆(そうはんてんぱん)」の撮影に行ってきました »

ミセレイニアス」カテゴリの記事

コメント

RSSリーダーでタイトルみて
「桜の写真来た!!」
と、飛んできました。
期待を裏切らない写真たちにうっとりして帰りますw

投稿: リーダー | 2011/04/17 21:04

リーダーさん>

写真をお褒めいただき、ありがとうございます。

東京の空の色を忠実に表現したくて、桜の花の色も記憶色に近い感じで、RAW現像してみました。

女性のハートをうっとりさせるなんて、オレもやるじゃん!

ある地域へ向けてのメッセージ性も、実は記事に込めていたりするのですが、まぁそれは・・・

投稿: kite | 2011/04/17 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/51417904

この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫 桜の花を愛でる:

« 222形式(200系) | トップページ | 日本丸 「総帆展帆(そうはんてんぱん)」の撮影に行ってきました »