« 建設中の東京スカイツリー (2011年1月8日現在) | トップページ | 「東京オートサロン2011」の写真を少し掲載しまぁす »

2011/01/17

“レールウェイ・ガーデン・プロムナード” 大宮総合車両センター ⇔ 鉄道博物館

Img_110104k01

▲ JR東日本:東日本旅客鉄道(株) 大宮総合車両センター

電車に乗って、鉄博(てっぱく)こと「鉄道博物館」に行くなら、大宮駅からの歩道“レールウェイ・ガーデン・プロムナード”を歩くのもオススメします。

なぜなら、“大宮総合車両センター”の施設を外側から眺めたり、保存車両の“D51(デゴイチ)”などに出逢えるからです。

大宮駅からは“ニューシャトル”を利用しても良いのですが、下車駅の「鉄道博物館(大成)駅」までは、たったの1駅。

歩いても 2Km 無いぐらいの距離ですので、天気が良かったりして、歩くのがヘッチャラな鉄男くん、鉄子さんなら、この歩道はスッゴク楽しめますよ!

Img_110104k02

“RAILWAY GARDEN PROMENADE(レールウェイ・ガーデン・プロムナード)”の始まりは、ココからです(鉄博まで 1.3km の案内板があります)。

鉄道博物館は、大宮総合車両センターの一部跡地に建てられた施設なので、(大宮総合車両センターを含めて)鉄博まで歩いて楽しめる歩道がこのプロムナード。

Img_110104k03

▲ 湘南色の帯を巻いた 231系

ここでは、検収中の電車が“トラバーサー”で移動する様子が、運がよければ見られます。

都電荒川線の荒川車庫にも、これと同じ様な“トラバーサー”はあるから、それをもう少し大きくした感じですね。

Img_110104k04

▲ D51 187号機

すごく綺麗に保存されている、D51型式蒸気機関車の「D51 187号機」。

このD51187号機は、大宮工場で製造された31のうちの第一両目にあたる由緒ある機関車で、1938年(昭和13年)4月12日に製造着工して同年の9月8に完成したそうです。

総走行距離は1,866,822km。なんと地球と月の間を2.5往復もした距離です。

Img_110104k05

動輪の直径は 1,400mm。

D形式の蒸気機関車なので動軸数は4軸、よって動輪の数は片側4輪あります。

ちなみに、B形式なら動軸数は“2”、C形式なら動軸数は“3”、と決まっていますね。

あと、これは余談ですが、鉄道博物館に行くと静態保存されている「C57 135号機」に出会えますよ。

Img_110104k06

▲ 「EF15168」と「EF58154」

「EF15168号機」と青大将色に塗装された「EF58 154号機」の、2台の電気機関車のカットボディが、“プロムナード”の中間地点あたりに展示されています。

Img_110104k07

▲ EF15168 の運転台

運転台には入れないので、窓ガラス越しで撮影しました。

Img_110104k08

▲ EF58154 の運転台

こちらは、EF58154号機の運転台です。


ここからは、大宮総合車両センターの施設を(少し)ご覧ください。

Img_110104k09

Img_110104k10

Img_110104k11

Img_110104k12

Img_110104k13

“大宮総合車両センター”は、見どころが沢山ありましたね。

くれぐれも、鉄道博物館に辿り着くまでに、お腹いっぱい(←満足感イッパイの意味)にならないように・・・

Img_110104k14

大宮総合車両センターから、あと200~300mほど道なりに歩けば、鉄道博物館の入り口があります。

|

« 建設中の東京スカイツリー (2011年1月8日現在) | トップページ | 「東京オートサロン2011」の写真を少し掲載しまぁす »

ミセレイニアス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/50494257

この記事へのトラックバック一覧です: “レールウェイ・ガーデン・プロムナード” 大宮総合車両センター ⇔ 鉄道博物館:

« 建設中の東京スカイツリー (2011年1月8日現在) | トップページ | 「東京オートサロン2011」の写真を少し掲載しまぁす »