« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/02/28

JAL 機体整備工場&客室教育・訓練センター見学会(2)|空のエコ(JAL エコジェット)

Img_100228k1

「JAL 機体整備工場(メインテナンス・センター)」は、羽田空港に隣接した施設で“A 滑走路”に直面していることから、すぐ目の前で離陸・発着する航空機を地上の高さより見ることが出来ます(対岸は川崎市の工場群で、白い煙に見えるのは水蒸気ですね ← 寒い日だったので・・・)。

飛行場のデッキから航空機の離発着シーンを見るのも楽しいのですが、「金網越し」もしくは「ガラス越し」の場合が多いので、この雰囲気はけっこう感激モノです!

ちょうど、機体整備工場の見学ツアー中に、JAL が数機保有している“JAL エコジェット”が、運良く着陸してきましたから感激はなおさらです!!

“JAL エコジェット”の外観の特徴は、垂直尾翼に特別塗装されたグリーンカラー。

JAL の地球環境へ向けた取り組みのシンボルとして就航しているそうで、機体は航空会社と航空機メーカーが共同開発した、低燃費と低騒音を実現したハイテク双発機の“ボーイング 777”です。

Img_100228k2 Img_100228k3

▲ 自動大気採取装置

JAL が地球環境温暖化メカニズム解析のため、気象庁と共同で大気観測を行ってきた装置です。

高度 1 万メートル上空の大気を採取し、空気中に含まれる二酸化炭素などの温室効果ガスの濃度を定期的に観測し、気候変動のメカニズム解明をサポートしています。

環境社会活動の一環で、(現在では)観測路線を増やして地球を広範囲に観測しているそうです。


こういう環境社会活動への取り組みは、航空会社だからこそ出来る訳で、これからもがんばってください。陰ながら応援しています!

JAL 日本航空

詳しくは、JAL「空のエコ」宣言!をご覧ください。

※ この記事シリーズは、2010年2月13日に開催された、リンクシェア・サロン「JAL日本航空 機体整備工場見学会」に参加してきた時の模様を纏めたものです。


▼ JAL 機体整備工場&客室教育・訓練センター見学会

  1. プロローグ
  2. 空のエコ(JAL エコジェット)
  3. 羽田第一格納庫(M1ハンガー)
  4. 羽田第二格納庫(M2ハンガー)
  5. CA(客室乗務員)ができるまで
  6. 客室訓練部レビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

JAL 機体整備工場&客室教育・訓練センター見学会(1)|プロローグ

Img_100221k1

先日(2010年2月13日)開催された、羽田空港に隣接する JAL 日本航空の「機体整備工場」および「客室教育・訓練センター」の見学会に参加しました。

JAL 機体整備工場は一般に公開されていて、JALのホームページから見学会に申し込めばどなたでも参加できるのですが、今回は特別に企画されたイベントであるため、機体整備工場見学に加えて普段は一般公開されていない客室教育・訓練センターまで潜入しています。

なお、当日の東京地方は、小雪まじりの冷たい雨が降りしきる非常に寒い日(外気温2~3℃)でしたが、そんな寒さも吹き飛ばすような熱くてボリュームのあるイベント内容でしたから、JAL さんの熱いハートが伝わるように記事の内容を心掛けたいと思います。


■ 機体整備工場

Img_100221k2

東京モノレール「新整備場駅」より徒歩で数分の場所にある「JAL M1ビル」にて、整備や運行スタッフの仕事についてお話を伺いました。

飛行機が降りてきてから、飛び立つまでの整備について、その内容や苦労話とかも伺うことができました。

● 定期整備作業内容

定期整備の種類作業内容
T 整備 毎飛行前に実施(20~30分で実施)






A 整備 約1~2ヶ月毎の定期点検作業
(1日または1晩で実施)
C 整備 約1~2年毎の定期点検
車の車検に相当(1~2週間で実施)
M 整備 主に機体構造の詳細点検
(約1ヶ月かけて整備する)

このあと、案内係・整備士・パイロット・アテンダントの方が随行して、機体整備工場を見学しましたよ。

レアな話もたくさん聞けました。。。


■ 客室教育・訓練センター

Img_100221k3

機体整備工場から移動して、羽田空港内にある「JAL 客室教育・訓練センター」に行きました。

フライトアテンダント(客室乗務員)の出来上がるまでのお話や、出社から退社までのお仕事の内容を、機体モックアップの中で徹底解説していただきました。


● JAL M1 ビル(展示品)

Img_100221k4

ボーイング 777 に搭載されている、GE 社製ターボファンエンジン(GE90-115B)のファンブレード。

ファンブレード 1 枚のお値段はナント約 1,000万円!それが、エンジン一基あたり、放射状に 22 枚取り付けられています。

なんでも、機能美が高いことから、MoMA(The Museum of Modern Art, New York)にも展示されているんだそうです。

Img_100221k5

ボーイング 777の主車輪に装着されるラジアルタイヤ。

サイズ : 外径 1,270 × 幅 508 mm

航空機のタイヤは再生タイヤといって、ゴムが磨耗してミゾが薄くなってもまだサイドウォールは強いので、トレッド部を張り替えて同じタイヤを何度か繰り返して使います。大型のトラックやバスも確か再生タイヤでしたよ。

あと、タイヤの中に入れる気体は、不燃性の窒素ガスを充填するそうです。もしも着陸時にタイヤが燃えた場合、中に空気が入っていると火炎放射器のようになってしまうので、そうならないように窒素ガスを使うとのことです。

Img_100221k6

DC9-81型機のコックピット。

あとで、パイロットの方に、アナログ計器とデジタル計器のどちらが分かりやすいか伺ったところ、航空機は様々な機種があるのでデジタル計器のほうが親しみやすいとのことでした。同じような設計思想のほうが、乗り替わったときに分かりやすいそうです。

JAL 日本航空

※ この記事シリーズは、2010年2月13日に開催された、リンクシェア・サロン「JAL日本航空 機体整備工場見学会」に参加してきた時の模様を纏めたものです。


▼ JAL 機体整備工場&客室教育・訓練センター見学会

  1. プロローグ
  2. 空のエコ(JAL エコジェット)
  3. 羽田第一格納庫(M1ハンガー)
  4. 羽田第二格納庫(M2ハンガー)
  5. CA(客室乗務員)ができるまで
  6. 客室訓練部レビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/01

サントリー「モルト&ショコラ マリアージュ講座」に参加しました

Img_100124r01

先日開催されたサントリーさんのセミナー「モルト&ショコラ マリアージュ講座」に参加してきました(2010.01.19 Wed)。

開催場所は、東京メトロ表参道駅【B1出口】より徒歩で約 3 分ほどの場所にある“Splitz’Aoyama”さんで、店内はとてもオシャレな雰囲気の空間です。

それでは、イベントレビューをスタートします・・・

続きを読む "サントリー「モルト&ショコラ マリアージュ講座」に参加しました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »