« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/17

HP Mini 110 のスペシャルエディション by Studio Tord Boontje

Img_091117k01

HP Mini デザイナーズ・コレクションの第二弾!

ヒューレットパッカードの『HP Mini 110 by Studio Tord Boontje』は、丸っこくてとっても愛くるしいデザインで、(女子だったら)毎日使うのが楽しくなるようなモデル。

ヒューレットパッカードは、世界PCシェア No.1 のメーカーだって知ってました?

Img_091117k02

『HP Mini 110 by Studio Tord Boontje』は、街のどこでも手軽に使えるネットブック・パソコンだけど、箱入り娘にして家で大切に使ってもよいのかな。。。

部屋に置いておくだけでもインテリアになるし、パソコンで自分をアピールしたい派にはオススメだよね。

Img_091117k03

液晶パネルを開くと、パームレスト(キーボードで入力するときに手のひらを置いておくところ)は白色、入力系のキーボードもタッチパッド(画面の矢印のポインタを指で操作するところ)も白色。他の HP Mini 110 と同様に色の統一性があってよろしいですね(液晶のフチはカチリと黒色)。

また、このキーボードは意外と使いやすい部類だから、両手入力のホームポジションさえ守れば正しい入力がしやすいと思いますよ。

Img_091117k04

刺繍をモチーフにしたデザインで、いくつもの草木や花のなかに多くの動物たちが見え隠れしている。動物の一部は絶滅危惧種も含まれていて、デザイナーさんのメッセージまで感じるられますね。

また、この天板の模様は塗装ではなく樹脂の薄いフィルムをボディに転写したもので、日本(京都)の会社のインプリント技術を採用しています。

塗装仕上だと使い込んでいくうち色味が一部薄れてしまうこともあるんだけど、この外装仕上げなら少しくらい擦れても平気みたい。ちょっと難しい話をすると、フィルムの素材はABS樹脂ね。

パターンをよーく見ると立体的に浮き上がっているデザインなのもポイントが高いです。(実は白色と銀色の2枚のフィルムを使用している!)

Img_091117k05

トード・ボーンチェがデザインしたソフトケースが標準で付属しています。

これに包んで持ち出したとき、ソフトケースだから外部からの強い衝撃にはパソコンをガードできないけど、かばんの中にガチャガチャッと入れても、擦れて子傷がつくのは防げそうですね。

Img_091117k06_2

↑ 壁紙もトード・ボーンチェを用意!

※ Windows XP Home Edition プリインストールモデルでは標準機能で、Windows® 7 Starter 正規版 プリインストールモデルでは専用アプリケーションで、壁紙の変更ができます。

Img_091117k07

↑ アイコンもトード・ボーンチェを用意!

Img_091117k08

同じデザインのワイヤレスマウスも、オプションで用意されています
(HP Directplus限定)。

どうせだったら、マウスも「おそろ」のデザインで揃えたい???

Img_091117k09

パッケージデザインも、とうぜんトード・ボーンチェね。

そうそう、スタジオ・トード・ボーンチェ (Studio Tord Boontje)の紹介も。

≫≫ こちらより、訪問してみてみてください!

Img_091117k10

▲ ここまで読んだら、スペシャルサイトもちょっと覗いてください。

オリジナルのアイテムもゲットできますよ(壁紙とか・・・)!

Img_091117k11

パソコンの心臓部は、インテルのアトムっていうプロセッサーが採用されていて、(熟成の域に入った)いわゆるネットブックとセグメントされている標準的なPC性能があります。詳しくはこちらのページを参照してください。

※ 注意したいの、「HP Directplusモデル」と「オリジナル(量販店)モデル」が用意されていて、ハードディスクの容量や画面の表示解像度の仕様が若干異なるところ(メーカー発表のスペック表を、よーく確認してくださいね)。『Microsoft Office Personal 2007』が最初から搭載されているのは「HP Directplus のオフィスモデル」ですよ。


『HP Mini 110 by Studio Tord Boontje』は、(場所をあまりとらずに)かわいくて小さいパソコンが欲しいひと!インターネットやメールを、手ごろな価格のパソコンで楽しみたい方に、お勧めしたいモデルです。もちろんビジネス系のアプリ(マイクロソフトのワードやエクセルなど)も、ライトな使用なら使える実力はあると思いますよ!

HP Mini 110 by Studio Tord Boontje の詳細は、
≫≫こちらよりご覧ください。


【関連記事】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/07

PC環境を再構築中(2)

Img_091107k1

HDD の容量アップの続き・・・

HGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ)さんには、仕事でさんざんお世話になっておきながら、好みのメーカーである Seagate 製をまたまたチョイスしました!

型番は ST31500341AS(Barracuda 7200.11 SATA)で、1.5TB(375GB×4プラッタ)・ 7,200rpm のモデルです。

今買うなら 1台1万以下で買える 1TB モデルだよな~と思いつつ、微妙な容量のHDDを選んでしまいました。

Img_091107k2

リリース時期はかなり前なので、レビューしたくても他で出尽くした感アリですよね・・・なのであまり書きません!

(データ転送速度=120MB/秒、キャッシュ=32MB)

Img_091107k4

ドライブ単体での速度です(これくらいの報告は許してください)。

フォーマット直後の計測ですが、データ転送速度は(カタログどおり)120MB/秒以上でています。

Img_091107k3

ドライブは2台あるので、RAID 0 構成にして 3TB にまとめてみます。 (もう1台足してRAID 5 にしないあたりが大人 !?)

このアレイは、前の記事で書いた通り 水冷PCに組み込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/04

PC環境を再構築中

『Windows 7』が発売されたのを機に、自宅のPC環境を再構築しています。

Img_091104k1

現在は、タワー型の PC &サーバが数台稼動しているのですが、最近動画を扱うことが増えたことからHDDの容量が不足ぎみ・・・で、まずは HDD の容量アップから!

その中で一番古い PC は、現在も稼動している水冷マシンで、このマシンの HDD から手を加えます。

ちょっと掲載画像を説明すると、HDD も水冷にしているので、4 台の HDD を 4 個の自作水冷ブロック(銀色のパーツ)で冷やしている構成です。

Img_091104k2 Img_091104k3

Img_091104k4 Img_091104k5

水冷だとメンテが大変そうに思えるかもしれませんが、(冷却水を全部抜き)水路のインとアウトのパイプを外して、5 インチベイのネジを外せば、ゴロッと取り出せるように設計してあるんですよね!

ちなみに、このブロックの総重量は 6kg 強で、共振させない等の防振効果も狙っていました。。。


この日の作業はココまでで、近日中にテラバイト級のHDDと交換する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »