« 初秋の金沢城公園(金沢城跡) | トップページ | ナナオ本社訪問記(1)『一貫した国内生産体制』 »

2009/09/16

新橋 ヒノマル食堂「薩摩がんこ鶏 刺身親子丼」ランチ

Img_090916k1

みんなの居酒屋、ヒノマル食堂の「薩摩がんこ鶏 刺身親子丼(ランチセット)」をいただきました。

新橋で、地鶏のウマイ店は何軒か知っていますが、そのうちの一軒です!

なんでも「薩摩がんこ鶏」は、卵を産ませず通常の倍の飼育日数をかけ、大切に平飼いされた極上の鶏だそう(日本でここのお店だけの専用飼育)。

Img_090916k2

「刺身親子丼」の名の通り、夜は刺身用に提供される新鮮な鶏肉を使用しています。

だから、親子丼といっても火の通りは、ちょいレアのレア!

コリコリ・シコシコとした食感で、噛めば噛むほど『じぅわぁ~っ♪』と、肉の旨みが口の中に広がります。

(お肉は)そんなに簡単に噛み切れないから、口の中で右に左にと交互に味わって、クタクタになるまで楽しめるかも。。。

Img_090916k3

お肉とは対象的に、ふわっふわっトローの玉子も、絶妙なバランスで優しい口当たり。

味付けもアッサリしていて、食材の良さをうまく生かしている印象を受けました。

鶏肉と玉子とご飯を一緒に味わうと・・・

まさに親子丼の「サンバ・カーニバルやー!」

(あっれれ、表現間違えたかなぁ!?)


そうそう、沢庵漬けもカリッカリ・・っと、橋休めには丁度良い適度な厚さですね。

Img_090916k4

ごちそう様でした~

素材勝負のお店みたいだから、薄い味付けが好きな方!オススメですです。

|

« 初秋の金沢城公園(金沢城跡) | トップページ | ナナオ本社訪問記(1)『一貫した国内生産体制』 »

ミセレイニアス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/46229568

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋 ヒノマル食堂「薩摩がんこ鶏 刺身親子丼」ランチ:

« 初秋の金沢城公園(金沢城跡) | トップページ | ナナオ本社訪問記(1)『一貫した国内生産体制』 »