« EIZO FORIS FX2431・FX2431TV ハードレビュー(6) | トップページ | EIZO FORIS FX2431・FX2431TV ハードレビュー(7) »

2009/06/13

EIZO FlexScan HD2452W の ArcSwing 2 スタンド

Img_090613k1

FlexScan HD2452W の「ArcSwing 2」スタンドを紹介します。

FORIS FX2431TV / FX2431 にも同名のスタンドが標準で付いてきますが、FlexScan HD2452W と可動範囲が違うんですよね。

両モデルの可動範囲を(スペックシートで)比較すると・・・

● FlexScan HD2452W
チルト角度:上60°下5°、昇降:90mm(モニター部垂直時23mm)、スィーベル角度:右172°左172°

● FORIS FX2431TV / FX2431
チルト角度:上35°下5°、昇降:24mm、スィーベル角度:右172°左172°

となっています。

外観上の違いは、背面に 2 本ある昇降用スリットの長さに違いがありました(それ以外にあるかもしれません)。

ちなみに重量は同じ(2.4kg)です。

どうやら、FORIS FX2431TV / FX2431 の ArcSwing 2 スタンドは、HD2452W のをマイナーチェンジしたものですね。

Img_090613k2

モニター本体からスタンドを取り外すと、頑丈なアルミの鋳物が使われているのが分かります。

このスタンド、結構お金掛けて造っていますよ!

Img_090613k3

    ▲ サイドビュー

支柱にチルト機構を取り付け、その上に弓形レールを載せている構造です。

弓形レールは昇降のためで、上下に移動させると円弧に沿って動きますので、前後の角度まで同時に変わります。

ちなみに、縦回転の機能はありません。

Img_090613k4   Img_090613k5

モニター位置の調整は構造上、昇降させると前後の角度まで変わるので、最初はちょっと戸惑うかもしれませんね。

モニター本体の昇降位置を調節した時、この機構で固定しているものは無く、ごっついバネで重量のバランスをとっていますから、動きは若干固めです(HD2452W でも FX2431 でも、この印象は同じでした)。

Img_090613k6

取付部のネジ穴のピッチは、100mm × 100mm です。

モニター本体内部には、スタンド取り付け用に鋼製の専用プレート(板厚 2.6mm)が付いていました。

スタンドとモニター本体は、4 本の M4 ボルト(長さ12mm)で固定されています。

Img_090613k7

▲ ケーブルホルダー

めっちゃ便利なモノではないけど、無いよりあったほうがいいと思います。

Img_090613k8

本当は、FORIS FX2431TV / FX2431 のレビューで紹介したかったのですが、全く同じものでは無いみたいなので、タイトルを変えて紹介しました(可動範囲に違いがありましたが、ほとんど同じものです)。

|

« EIZO FORIS FX2431・FX2431TV ハードレビュー(6) | トップページ | EIZO FORIS FX2431・FX2431TV ハードレビュー(7) »

商品レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/45330957

この記事へのトラックバック一覧です: EIZO FlexScan HD2452W の ArcSwing 2 スタンド:

« EIZO FORIS FX2431・FX2431TV ハードレビュー(6) | トップページ | EIZO FORIS FX2431・FX2431TV ハードレビュー(7) »