« ThinkPad W700 レビュー(10) 「スムーズかつ正確なポインタ操作|トラックポイント」 | トップページ | ThinkPad W700 レビュー(12) 「メディアカードリーダー」 »

2008/10/07

ThinkPad W700 レビュー(11) 「高性能モバイルのバッテリー持ち時間は?」

やはり誰もが気になるのは、ThinkPad W700 のバッテリー持ち時間でしょう。

試用しているマシンは、TDP 44W の intel モバイル CPU を搭載、グラフィックスは最大電力消費 75W の NVIDIA Quadro FX 3700M、17型液晶パネル、HDD は 2 基(RAID 0 設定)搭載しています。

Img_081007k1

・・・という訳で、実際に計測してみました。

テストの条件としては、電源プランは省電力(デフォルト)に設定、バッテリーインジケータが 100% の状態で電源プラグを外しスタート、5 分おきに全画面キャプチャーを行い「ペイント」に貼り付けハードディスクにセーブ。バックグラウンドで動作しているサービスは、デフォルトのままにしてあります。

このテストでは、それほど負荷を掛けていないのですが、ディスプレイや HDD を終始休ませない設定で行いました。

はたして、どのような結果になるのでしょうか?・・下のグラフをご覧ください。

時 間   残容量
00:00 100%
00:10 94%
00:20 88%
00:30 81%
00:40 75%
00:50 68%
01:00 62%
01:10 56%
01:20 48%
01:30 44%
01:40 37%
01:50 31%
02:00 24%
02:10 18%
02:20 12%
02:30 6%
02:40 警告音 1%
02:43 強制終了 0%

途中のイベントは、02:00 バッテリーストレッチのメッセージ(これは無視!)、02:29 に強制的にスリープに移行(叩き起こしました!)、02:39 「ピーブー・ピーブー」と警告音が鳴る。

最終的にバッテリーが尽きたのは 02:43 で、Windows は強制的に落ちました。なお、バッテリーの劣化については、貸出機のため詳細は不明です。

今回のテストは緩やかなものでしたので、通常業務で使用した場合はもう少しバッテリーの持ち時間が短くなることが予想されますね。

ただ、これだけの高性能マシンが 2 時間半以上もバッテリーで作動するのには関心しました。あくまでも移動中の使用は限定的にして、ワークステーション級の性能を持ち運べる利便性(デスク to デスクの環境)を追求したほうが良いかもしれません。

<<前のページThinkPad W シリーズ続きを読む>>

|

« ThinkPad W700 レビュー(10) 「スムーズかつ正確なポインタ操作|トラックポイント」 | トップページ | ThinkPad W700 レビュー(12) 「メディアカードリーダー」 »

商品レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/42716310

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad W700 レビュー(11) 「高性能モバイルのバッテリー持ち時間は?」 :

« ThinkPad W700 レビュー(10) 「スムーズかつ正確なポインタ操作|トラックポイント」 | トップページ | ThinkPad W700 レビュー(12) 「メディアカードリーダー」 »