« ThinkPad W700 レビュー(16) 「次世代規格ディスプレイ・ポート搭載」 | トップページ | ThinkPad W700 レビュー(18) 「17”WUXGA(1,920×1,200)ワイド液晶パネル搭載」 »

2008/10/13

ThinkPad W700 レビュー(17) 「業界初!カラーキャリブレーション機能を内蔵」

ディスプレイは使い続けることで、日々確実に劣化しています。個人の使用ではさほど問題になりませんが、写真や印刷等の専門的業務では色の正しい表現や再現性がとっても重要です。

Img_081013k1

▲ 専用小型内蔵センサーは、デジタイザーとキーボードの中間に配置

そこで、ディスプレイがいつでも正しい色を表示するために、一定期間ごとにカラー・キャリブレーション(色の校正)を行う必要があります。

Img_081013k2

▲ カラーセンサー、奥の部位に赤・緑・青のフィルターが見える

ThinkPad W700 では、ハードウエア・カラー・キャリブレーションという方式をとっており、内蔵されているカラーセンサーとキャリブレーション・ユーティリティを使用して、色校正作業をします。

色校正作業は非常に簡単で、X-Rite 社製の hueyPro を起動して [START]、液晶パネルを閉じて1~2分待つだけです。完了すればサウンドで通知されます。

色校正中は液晶パネルを閉じているので、外部照明の影響をまったく受けないこと、キャリブレーション用の機材を取り付ける手間が掛からないことなど、ノート型コンピュータの利点を最大限に生かしています。

Img_081013k3

校正前と校正後の画面は表示できるので、比較して見れば一目瞭然、カラーキャリブレーションの重要性が認識できるはずです。

校正前は青みがかった画面の色が補正され、校正後は黒がより引き締まって見えます。

Img_081013k4

▲ カラーセンサー本体

<<前のページThinkPad W シリーズ続きを読む>>

|

« ThinkPad W700 レビュー(16) 「次世代規格ディスプレイ・ポート搭載」 | トップページ | ThinkPad W700 レビュー(18) 「17”WUXGA(1,920×1,200)ワイド液晶パネル搭載」 »

商品レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/42775637

この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad W700 レビュー(17) 「業界初!カラーキャリブレーション機能を内蔵」:

« ThinkPad W700 レビュー(16) 「次世代規格ディスプレイ・ポート搭載」 | トップページ | ThinkPad W700 レビュー(18) 「17”WUXGA(1,920×1,200)ワイド液晶パネル搭載」 »