« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/27

衝動買い!玄人志向 GW3.5MM-U2/LAN

Img_080727k3

玄人志向 GW3.5MM-U2/LAN

LAN 接続のファイル共有サーバー(NAS)が欲しいな・・・と、秋葉原でふと思い衝動買い!しました。

実売価格は5,000円強と納得のプライス、ボディが「Mac mini」みたいでオシャレ(というかパクリ)というのも理由です。(HDD は付属しません)

Img_080727k3

インターフェイスは、LAN(100BASE-TX/10BASE-T)と USB(USB2.0/1.1)の両方に対応しているので、NAS 以外に USB 外付け HDD ボックスとしても使えるスグレモノですね。

Img_080727k3

HDDは 3.5”IDE が1台収納できます(Serial-ATA 非対応)。

「パーティション形式がFAT32のため1つのファイルサイズは4GBに制限されます」と梱包箱に書いてありましたが、NTFS FAT32フォーマットのHDDに7GBのファイルを転送して1つのファイルで認識されました。

Img_080727k4

HDD は 2 本の手回しネジで固定します。(反対側は固定できません)

Img_080727k5

基板はこれだけ、結構簡素な構成ですね。

昔の NAS は、Micro ATX のコンピュータが1台分入っていた物もあったので、泥雲の差です。

(このモデル、 HDD 1台構成なので RAID なんてナシですが・・・)

Img_080727k6

ファンありです!

EVERCOOL社の【EC3010LL05E】を使用。モデルナンバーより「30x30x10mm , 6000rpm , 5V , ELベアリング」とわかります。

動作音については、近くに置いていると若干気になりますね。NAS なので、デスクから離れた場所に設置する予定です。


続いて NAS の設定に続きます・・・

続きを読む "衝動買い!玄人志向 GW3.5MM-U2/LAN"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/24

第30回 足立の花火「心をつなぐ光のファンタジー」に行ってきました

Img_080724k1

本日(7/24)の東京の最高気温は33.1度、うだるような暑さが続いておりますね。

そこで涼を味わうため、足立区千住、例年荒川の河川敷で行われている「足立の花火大会」を観賞してきました。

間近で見る花火は、鳥肌が立つほどの綺麗さと轟音で、一瞬だけですが暑さを忘れてしまうほど。

日本の夏の象徴は、やっぱり花火ですよね!!いや~日本人で良かったです。

Img_080724k2

幻想的な光の演出は、アートの世界ですね。(新しい花火の色であるパステルカラーにも注目してください)

今年は第30回を記念して、約15,000発の花火が打ち上がりました。

ラストは5分間で約4,000発と大迫力、まさに圧巻でしたよー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/21

Domino's 夏を焦がす『炎と炙りの焼肉ピザ』

Img_070821k1

夏のスタミナ源といえば・・・そう焼肉!!

とろ~りトッピングのチーズと焼肉の組み合わせ、手軽に楽しみたいならピッツアがオススメです。

暑い夏の日は、冷たいビールとホットな『焼肉ピザ』で、暑さなんて吹っ飛ばそう!

Img_070821k2

ピリ辛コチュジャン、旨みがジュワッと広がる『炎の牛カルビ(タレ)』。

刻みネギと特性塩ダレで、さっぱりと仕上げた『炙り豚カルビ(塩)』。

二層目には 「豆もやし」 「ぜんまい」 「小松菜」 「にんじん」 を香り豊かなゴマ油で仕上げた、シャキシャキの「特製ナムル」。

このボリューム感が、なんとも「た・ま・り・ま・せ・ん!」

ドミノピザ「おとなの焼肉~夏のハーフ&ハーフ~」で、2 つの味を一度に楽しみましょう。<期間限定~2008年9月初旬まで>

Img_070821k3

待ってましたよ!冷え冷えのビール。

“ピッツア”と“ビール”は、ベストマッチング。ガンガン飲みまっせー。

あとは、花火大会を見ながら・・・っていうシチュエーションが最高ですよね!!

Img_070821k4

宅配ピザ」のドミノピザ、チラシはよく見かけますが、実はインターネット・ケータイからのオーダーがとっても便利でお得。

ネット注文なら会員登録で5%OFF!!合わせてお手持ちのチラシクーポンも(ネット注文なら5%に加えて)ご利用いただけます。

Img_070821k5

ピザを美味しく食べたあとは、サイドメニューの『フローズンマンゴー(期間限定メニュー)』で、さっぱりと涼を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/19

【レポート】Thermaltake サーマルキャンプ 2008 in 秋葉原

Img_080719k1 7月19日 カフェソラーレ・リナックスカフェ秋葉原で開催された、「Thermaltake サーマルキャンプ 2008 in 秋葉原」の模様を、ちょっとレポートします。

ちなみに、Thermaltake(サーマルテイク)の製品は幾つか持っていまして、PC 冷却系では好きなメーカーです。

(イベントがあることは偶然知りました。秋葉原へは別の目的で行ったので、事前知識は皆無です)

Img_080719k2Img_080719k3_2

側板にアクリルプレートを使用した、MOD 系のケース。

ネオン管と LED の演出が、MOD ファンにはたまりません。

自作 PC だから、魅せるケースもありかな・・・

Img_080719k4 Img_080719k5

BigWater 780

5 インチベイにデザインされた液冷システム。

この大きさに、パワフルかつサイレントの P500 ポンプ(500L/hr)、モータースポーツラジエター、530cc の容量を持つ冷却水タンク、120x120x25mm ブルーLED ファンが内蔵されています。

Img_080719k6 Img_080719k7

Micro-refrigeration System

冷蔵庫と同じ、ヒートポンプ方式の冷却システムですね。

一般的ではないですが、究極形かもしれません。

Img_080719k8 Img_080719k9

Img_080719k10 Img_080719k11

液冷システムとユニット。

画像はクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます!

Img_080719k12

※現行マシンと参考出展品があるみたいですので、詳細は Thermaltake のホームページにてご確認ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/15

ファンドマネージャになれるチャンス!

Img_080715k1

7月15日 TOKYO ミッドタウンタワー 41F、日興 AM ファンドアカデミー(日興AM本社内) で開催された、『投信王 春の陣』表彰式に参加してきました。

投信王とは

日興アセットマネジメント株式会社が、才能豊かなファンドマネージャ(investment trust manager)を発掘するため、自社で開発した株式投信の資産運用シミュレーションを使用した、オープンコンペティション。

10 億円の仮想運用資金を元に、東証株価指数に採用されている日本株式をポートフォリオに構築、一年間の運用成績をウェヴサイト上で競い合うものです。

投資信託を多くの方に資産運用のひとつの手段として知って頂くため、資産運用のノウハウを楽しみながら習得するためにも、一般の方に公開されています。

1 年間を 3 ヶ月毎に区切り、「春の陣」「夏の陣」「秋の陣」「冬の陣」としてその成績を競い、成績優秀者を「投信王」、年間を通しての成績優秀者を「年間投信王」として表彰します。

詳しく知りたい方は、こちらよりお入りください。


それでは、『投信王 春の陣』表彰式の模様を、さっそくレポートしていきましょう。

Img_080715k2

まず、取締役社長 兼 CIO のビル・ワイルダー氏のご挨拶。

このオープンコンペの目指すもの、日本株式の魅力などについて、流暢な日本語でお話されていました。

Img_080715k3

そして、投信王 上位 5 名の表彰式。

画像は運用成績 第1位のお方です。(右側は CIO)

この方の期間中 単純騰落率は 39.78%!

ご参考までに、春の陣参加者(1,839名) 4.07%、キャピタルオープン 10.21%、TOPIX(東証株価指数) 8.83%です。

今年 3 月までは、サブプライムローン問題や先行き懸念などで冷えついた時期があり、4月5月と(反転)上昇傾向、6月は原油高などファンダメンタルの変化で下降ぎみ !?

日興 AM の方々は、意外と難しい期間であったと口を揃えて述べていました。


続いて、キャピタルファンドマネージャーのご挨拶。

さらに続いて、インベストメント ストラテジー グループのセミナー

● 「日本企業はどこへ向かうのか?」

株は全くやらないけど、こういう講演を聴くのはとても勉強になります。


Img_080715k4

そして、最後に懇談会。

参加されたブロガーの皆さんとも交流し、とても楽しめました!

また、「投信王」に参加された方ともお話する機会があり、有意義な時間を過ごせました。

Img_080715k5

日興 AM の方(女性)が、ディッシュしたものです。(かわいい盛り方がグッドです)

※ この“イベント”へは、プレスブログ様よりオファーがあり、報道関係者として参加してきました。日興アセットマネジメント様、プレスブログ様、とてもお世話になりました。ありがとう御座います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/13

【商品レビュー】±0 空気清浄機「Air Purifier」ホワイト

Img_080713k02

Naoto Fukasawa 氏デザイン、±0(プラスマイナスゼロ )の空気清浄機「Air Purifier」が届きました。

外箱のダンボールも、なぜかオシャレに感じてしまいます。

Img_080713k03

内容物です。

「本体」と「マニュアル」のみで、フィルターは本体内部に装着されています。

Img_080713k04

まず、最初にすること!

フィルターは集塵・脱臭効果を保つため、ポリ袋に入っていますので、それを取り外します。

Img_080713k05

本体側面に「着脱ボタン」が左右2ヶ所あるので、押しながらゆっくりと上に持ち上げ、手前に引いて、前カバーを外します。

Img_080713k06

フィルターは下側を引くと外れるので、ポリ袋から取り出して、ふたたび(“前 FRONT” とプリントしてある面を手前にして)本体に取り付けます。

(フィルターの交換目安は2年、“日付ラベル”も付属しています)

最後に、前カバーを本体に上からかぶせて、カチッと音がするまでハメ込みます。

これで準備完了。

Img_080713k07

電源プラグをコンセントに差し込み、運転を開始します。

Img_080713k08

操作は「MODE ボタン」と「タイマーボタン」のみ。

簡単で分かりやすいです。

Img_080713k09

運転モードは全部で5パターン用意されています。

「MODE ボタン」を押すごとに、[AUTO] → [静音] → [標準] → [急速] → [花粉] → [切] と運転モードが(運転表示ランプと共に)切り替わります。

この操作はエンドレスで、何回か「MODE ボタン」を押していけば、好みのポジションに設定できますよ。

“花粉モード”とは何かというと、標準20分、静音40分の運転が繰り返されるとのことです。

Img_080713k10

AUTO モードにしておくと、部屋の空気の汚れ具合に応じて自動運転されます。

(普段は静音モードで動作して、においセンサーが感知すると、標準モードに自動的に切り替わります)

CLEAN SIGN の表示ランプは、きれいな時は緑色に点灯、汚れている時は赤色に点灯しますので、空気の汚れ具合が視覚的にも分かりますね。

また動作音は、AUTO モードで運転していれば、ほとんど気にならないレベルだと思います。(エアコンのほうがよっぽどうるさいです)

Img_080713k11

前面のパンチングメタルより空気が取り入れられ、フィルターを通過したきれいな空気は、上面の吹出し口より排出されます。

Naoto Fukasawa 氏のデザインは、シンプルでありながら曲面をうまく利用しているので、プロポーションがとても美しい。

また、部屋のインテリアを邪魔しない優しさがありますよね。

Img_080713k12

吹出し口の柔らかな曲面。

空気の流れを乱さないようにイメージされたデザインは、空気清浄機という機能をより深く表現して、感覚的にも安心できます。

Img_080713k13

背面からのショット。

どの角度から見ても、綺麗にまとめられているのが、お分かりになると思います。

取っ手もさりげなくデザインされています。

Img_080713k14

空気の循環を考えて、部屋の長手方向の奥に設置しました。

ボディカラーは、ほかにグレーとブラックがあり、この場所であればブラックの方がキマッていたかなぁ。。。

とにかく、やさしいデザインとシンプル操作は気に入りました。購入してみて、とても満足な1台です。

Img_080713k01

おしゃれな生活家電【プラスマイナスゼロ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

“インチねじ”と“タップ立て”

Img_080712k1

ユニファイねじ「No.6-32UNC」のガンタップ。

よくコンピュータ関係で、“インチねじ”と呼ばれているメネジを立てるための切削工具です。

ちなみに“ミリねじ”と呼ばれているのは、“ M 3 メートル並目ねじ”だったりします。

Img_080712k2

画像左:ミリねじ(M3×0.5) 画像右:インチねじ(No.6-32UNC

自作 PC の組立では、この2種類の“ねじ”があれば殆ど通用するので、“インチねじ”と“ミリねじ”の分け方でよいのでしょうね。

ちなみに、インチねじは「ユニファイねじ」と「ウィットねじ」がありますが、規格が違うので互換性はありません。(「インチねじ」と「ミリねじ」も互換性はありません)

 

 

Img_080712k3

 

「No.6-32UNC」について詳しく書くと、ユニファイ並目ねじ、呼び径 0.138 インチ(3.5052mm)、ピッチ 0.03125 インチ(0.795375mm)、ねじ山の角度 60°、JIS で規格化されています。

ピッチは、山と山の間隔であり、ねじが一回転して軸方向に進む距離と同じで、このねじの場合1インチあたりの山数が 32 あるので 0.03125 インチ(0.795375mm)となります。
(1/32 = 0.03125inch , 25.4/32=0.795375mm)

また、このタップを立てる時の標準的な下穴(ドリル)径は、φ2.8 mm を使用します。

マシニングセンタなどの数値制御の工作機械で、タップを立てるときの送り速度(F)は、

F = S × P

F = 送り速度(mm/min) S = 主軸回転数(rpm) P = ピッチ(mm)

より求められますので・・・

このタップを例にして、主軸回転数(S)を 100rpm に設定すると、送り速度(F)は、F80(100×0.795375)という指令になります。

当然ですが、タップを切る時は正回転、戻りは逆回転にしないと、ねじ山が無くなってしまいます。(FANUC の制御装置ですと固定サイクル G84 を使用)

(リジットタップなどの同期タップを使用する場合は、工作機械の仕様により指令方法が異なりますので、詳しくは機械に付属しているマニュアルを参照してください)


なんか、だんだんと難しくなってきてますね。

手でタップを立てるときのコツは、切削油を使用すること、下穴に真っ直ぐ立てること、2~3回転切ったら1回転ぐらい反回転させること、穴に切粉が溜まったらタップを穴から取り出して切粉を排出させること・・・など。

あと、タップは折れやすいので、作業は慎重に!

タップの種類はハンドタップが一般的ですが、抜け穴はガンタップ、止まり穴はスパイラルタップが適しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

ドイツ製、ステンレスのオブジェ !?

Img_080706k1

側面からの画像です。さて、何のオブジェでしょう?

材質はステンレス製、表面仕上はヘアライン。

Img_080706k2

上から見ると円形で、直径は約 60mm、重量は 38g (内部は中空構造です)。


実はコレ、流水の下で手でこすり合わせると、嫌なにおいを流し落としてくれると言われるスチールソープです。

Img_080706k3

↑ 左が台座、右がスチールソープ

スチールソープについては、エンジニアの意見を言ってしまうと、

「本当に効果あるの!?」

なのですが、形状がとても気に入って買ってしまいました。


外箱には、「edelstahl 18/10 rostfrei(独語)」と書いてあったので、たぶんオーステナイト系のステンレス鋼。

キッチンのシンクなどで使われているステンレス(SUS303)と同じ系列のマテリアルですね。

Img_080706k4

画像を見ると、結構イケテルでしょ!

いわゆる「衝動買い」した訳ですが、使途はまだ決まっていません(ちょっと軽いけど、ソープ部はペーパーウエイトにでも使おうかなー)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »