« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/30

サッポロ VIVA!LIFE(ビバライフ)を試飲しました

Img_080330k1

サッポロ VIVA!LIFE (4月16日より全国で発売)

「糖質ゼロの発泡酒、なのにアルコールは 5% の飲みごたえ。」

一口飲むと、口の中で広がる、さわやかなフレーバーが味わえました!

喉越しを楽しむタイプではなく、雑味の少ないスムースさが印象。

炭酸の清涼感があり、ホップのアロマ、苦味、わずかな酸味と甘味など、いろいろな味覚が楽しめます。

後味はすっきりタイプなので、どんな料理にも合いそうです。

Img_080330k2

ネーミングは、イタリア語で「万歳!」を意味する「VIVA!」と、英語のライフ(生活)を組み合わせた造語。

糖質ゼロの健康的なイメージで、ポジティブに生活を楽しむために飲む、そんな意味合いが感じられます。

そういえば、缶のパッケージデザインもイタリアンカラー(ヴェルデ・ビアンコ・ロッソ)を連想させるものでしたね。「明るく陽気に」というキーワードまで含まれているのかな。グリーンのロゴは健康をイメージしたとのことです。

Img_080330k3 Img_080330k4

Img_080330k5 Img_080330k6

Img_080330k7

料理との相性は抜群に良いです!

ビールのように、コクや苦味をあじわうタイプではなく、スッキリとした飲み口で、料理をさらに引き立てます。

あんまり強い味だと発泡酒のほうが負けてしまうので、どちらのテイストも楽しみたいなら、あっさり系のヘルシーな料理のほうがよいのかな、と感じました。

Img_080330k8_2

糖質ゼロとアルコール度数 5% を両立した発泡酒

サッポロ VIVA! LIFE (ビバライフ)
http://www.sapporobeer.jp/product/l-malt/vivalife/index.html

4月16日 全国一斉発売です。
(CM キャラクターはナインティナイン)

※この記事はコラブロさんよりオファーがあり、発売前の発泡酒を試飲させて頂きました。サッポロビールさん、コラブロさん、たいへんありがとう御座います。(サッポロさん、私は大のヱビス党ですよ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

大寒桜 @ 永代橋

Img_0803151

三寒四温、ひと雨ごとに段々と暖かくなってきました。
もう都心でも、桜は咲いているんですよね。
大寒桜(オオカンザクラ)のブラッサムです。

今日は春を見つけにクロスバイクで都心を散歩。
しっかりと春の訪れは感じ取れました。

Img_0803152

場所は、永代橋(えいたいばし)のたもと、江東区側です。
今が見ごろのようで、地元の方が足を止め観賞していました。
とても、きれいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

TDA1543 8para DAC (1)

Img_080310k1

PHILIPS の TDA1543(Dual 16-bit DAC)を 8 個並列に接続する仕様の、オーディオ用デジタル-アナログ・コンバータの基板。

黒レジスト基板に金フラッシュで、とても美しい仕上がりです。

Img_080310k2

今回は、コレに参加しています。(主要 IC は付属しますが、キットではありません)

抵抗器、コンデンサ、トランジスタなどの部品は、これから揃える予定。

出てくる音をイメージしながら、部品を調達するのが一番楽しかったりしますので、製作はのんびりとマイペース、長期戦になりそうです!


Img_080310k3


自作主体ブログの原点回帰、暫くの間お付き合いください。

(この基板は、CDなどの44.1kHz/16bitデジタル信号を、オーディオアンプに入力できるよう、アナログ信号に変換するためのものです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

プロフェッショナル・コンパクトキーボード(PFU HHKB)

PFU のコンシュマー(市場)向け、プロフェッショナル・コンパクトキーボードです。

Pdkb400w_xl

Happy Hacking Keyboard Professional2 白(PD-KB400W)

Pdkb400b_xl

Happy Hacking Keyboard Professional2 墨(PD-KB400B)

プログラマーやライターなど、妥協を許さないプロフェッショナルに愛され、こだわりを持つ(ヘビー)ユーザーにも定評のある高性能ハイエンド機種。

キースイッチには静電容量無接点方式を採用し、安定した操作性とチャタリングがない高速入力が可能です。(キーストローク = 4mm、押下圧 = 45g、キー耐久 3000 万回以上)

また、必要最低限の 60 個のキーを配置し、コンパクトなボディながらキーピッチは 19.05mm 、シリンドリカルステップスカルプチャ仕様により、小型化と高い操作性を実現。

ほぼ A4 半分のサイズで、モバイル用途にも最適です!

キーのカスタマイズは、本体背面のディップスイッチにより、PC(2モード)/Macの切替え、制御キーの割当等を行うことができます。


★ Happy Hacking Keyboard

2004 年度グッドデザイン賞受賞。

ハッピーハッキングキーボードは、PC 付属のキーボードでは満足できない方にお勧めしたい、超こだわりのキーボードです。

キートップに刻印のないエキスパート向けモデルは、コチラ からどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »