« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/27

【第二回】 コラブロの未来を語る会

ブロガーと企業の架け橋、 コラブロ事務局主催のイベント「第二回 コラブロ>の未来を語る会」に参加してきました。

コラブロとは何?」という方に簡単に説明しますと、(株)バズマーケティング(ネット広告代理店)によるクチコミ(ブログ)を利用したマーケティング、プロモーションを支援をしている会社のサービスです。

くわしくは、 コチラよりコラブロさんのサイトや飛んでください。

それでは、今回のイベントに話を移しましょう。

まず、 コラブロの現状について副社長の東さんからプレゼンがあり、最後のほうで「 コラブロ会員の方と コラブロとで世の中を盛り上げよう!」というお言葉がとても印象に残りました。

続きを読む "【第二回】 コラブロの未来を語る会"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/01/19

本物志向モバイルPC 東芝ダイナブック SS RX

Img_080119k1

(株)バズマーケティング コラブロ事務局より依頼を受け、現在表参道ヒルズで行われている、(株)東芝インテル(株)主催の体験イベントブース(dynabook SS RX Cafe)に参加してきました。

無料カフェでお茶をしながら、最新モバイルパソコンでネットサーフィンが楽しめる極上の空間です。

Img_080119k2

 

ロケーションは、表参道ヒルズ本館 B3F スペースPE43

開催期間:2008年1月19日(土)~1月27日(日)

 

Img_080119k3

TOSHIBA dynabook RX1 TA106E/2W SS

本物志向、あまり飾らずシンプルなデザインにとても好感が持てます。

ボディはマグネシウム合金製のバスタブ構造を採用し、高い堅牢性と 863g の最軽量ボディ(RX1/T9E)を実現。マグネシウムの質感と梨地の落ち着いた光沢に高級感が漂います。

すべてのモデルが Windows Vista Business 正規版 を搭載していることから、ターゲットはビジネスの最前線で働く SMART なユーザーであることが窺い知れます。

Img_080119k4

(上の画像を)ご覧になって分かると思いますが、とにかく薄いです!

最薄部では約 19.5mm、最厚部でも約 25.5mmですので、これならば出張の際カバンの中に入れても、さほど邪魔にはなりません。

そして軽いです!HDD の代わりに 64GB フラッシュメモリを搭載したモデルであれば、世界最軽量を実現しています。

この薄さにバッテリーが内蔵されていて、約11時間駆動するのには驚いてしまいます。これならば、まる1日外出しても余裕で使えますね。

Img_080119k5

12.1 型ワイド半透過型 WXGA(1,280×800ドット)TFT カラー液晶を搭載。

ワイド液晶ですので、サイドバーガジェットも余裕で表示できます!

外光を反射させてディスプレイに表示させることもできる半透過型液晶なので、屋外でも見やすく、バックライトをOFFにすればバッテリを節約できます。

また、左右方向の視野角はとても広いです。スタッフの方とお話しましたがセキュリティフィルタが欲しいほど広いです。(上下方向は、液晶を見る角度により色調が微妙に変化してしまうので、こちらはこれからの課題かもしれません。※ビジネス用途では特に問題は無いレベル)

Img_080119k6

キーボードはもう少しカチリ感が欲しい印象ですが、2.0mm のキーストロークと 19mm のキーピッチを確保していますので、実際にブラインドタイプしてみてキーの位置に違和感は無く、スムースにキー入力できました。タッチフィーリングは好みが分かれそうです。

また、キーボード、タッチパネルは水の浸入を遅らせる、ウォータブロック構造。コーヒーやお茶をこぼしてしまう姿は想像したくありませんが、やはり必要なんでしょうね。万一こぼしてもデータを保存してシャットダウンする時間は確保できます。

Img_080119k7

CPUは、インテル® Core™ 2 Duo プロセッサー 超低電圧版 U7600 を搭載。(動作クロック = 1.2GHz 、L2キャッシュ = 2MB、FSB = 533MHz、TDP = 10W)

ウェブブラウジングで軽く操作した感想ですが、最大 3Mbps 高速ワイヤレス接続が可能な新規格「IEEE802.11n ドラフト2.0」を搭載しているおかげで、特にストレス無くインターネットは楽しめました。

Img_080119k8

従来の光学ドライブを大幅に薄型・軽量化した約 7mm 厚のDVDスーパーマルチドライブを内蔵。

また、HDD 搭載モデルはセンサーから送られる振動の信号を常に監視して、危険と判断した場合はヘッド位置を退避。未然に HDD クラッシュを防げます。(常駐ソフトにて3段階の感知レベルを設定)

Img_080119k9

液晶パネルの薄さに注目!

(左の)画像はちょっと寝ぼけてますが、どれだけ薄いかお分かりいただけると思います。

Img_080119k10

タッチパネル部

撮影しているデジカメが写って見えますよね。ピカピカに光っています。操作ボタンの中央部に見えるのは指紋認証のセンサー。セキュリティにも配慮されています。

 




Img_080119k11

本物志向、皆が待ち望んだ数々のスペックを搭載。

実用性のある真のモバイル PC の登場です!

Img_080119k12

イベント会場にて、とても丁寧に分かりやすく説明してくださった女性スタッフの方、大変お世話になりました。この場をお借りして深くお礼申し上げます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/06

今では骨董品 磁気ディスク装置のアーム

Img_080106k1

大型汎用コンピュータ、磁気ディスク装置の(スイング)アーム。

大きさから察すると 8 インチ・ハードディスク用なのかな? 10 年以上も前の古い部品です。

材質はマグネシウム(ダイキャスト)で、重量は 25g ほどあります。(右側)先端部に M1 のタップが 2 ヶ所切ってあり、ここに磁気ヘッドを固定、一番大きい穴にはベアリングが装着され、台座にマウントされます(穴径は加工公差で 2 ~ 3ミクロン 以内)。

Img_080106k2

3.5 インチのハードディスクと比較すると、大きさがわかります。

でも、コレくらいで驚かないでくださいね。これより 3 倍以上大きいアームを見たことがありますので、装置全体のサイズを想像すると恐ろしいです!

技術の進歩に感謝しなくちゃ・・・

また、これからのエンジニアリングにも大いに期待しています!
(どちらかというと影の存在だけど)頑張れエンジニア!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

三菱 海軍零式艦上戦闘機五二型

1/32 三菱 海軍零式艦上戦闘機五二型

プロポーションから細部までの徹底的な再現に加え、スケール感を損なうことなく動翼類や降着装置の可動を盛り込んで高い評価をいただいた1/32零戦五二型。タミヤ入魂のモデルが今回、新たな魅力をまとって再登場です。従来のキットに加え、金属製でシャープな仕上がりの20mm機銃銃身とピトー管をセット。銃身は着色済み、ピトー管はメッキ処理済みとして細部を引き立てます。マーキングはマリアナ沖海戦に参加した空母「隼鷹」搭載機1種を追加。さらにパッケージを1/32零戦二一型と同サイズとして完成モデルを収納できる機能を持たせました。各部をリファインして強力なアメリカ軍の新鋭戦闘機に立ち向かった零戦五二型。究極のモデルで日本航空機技術の結晶をよみがえらせてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-16CJ ファイティング ファルコン

1/32 F-16CJ ファイティング ファルコン (完成品)

アメリカ空軍の傑作戦闘機 F-16 ファイティングファルコン。中でもエンジンを推力強化型に換装し、敵防空レーダーの制圧任務も行える F-16CJ を再現したタミヤショップオンライン限定の完成モデルです。大型モデルならではのプロポーションの正確さはもちろん、パネルラインなどのディテール表現の豊かさは見ごたえたっぷり。機体の塗装はタイガーミートに参加の為に垂直尾翼に派手な虎のマークの描かれた、第 20 戦闘航空団第 79 戦闘飛行隊所属機をチョイス。370 ガロン増槽×2、AGM-88×2、AIM-120B×2、AIM-9M×2 のワイルドヴィーゼルミッション用の武装が付属し着脱も可能です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

2008 アケオメマウス

Img_080101

新年 おめでとうございます。

おかげさまで、このブログは3回目のお正月を迎えることが出来ました。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。


今年は、中(チュ-)国でオリンピックが開催されますね。

ですので、ハイビジョン関連の次世代 AV 機器が普及すると思われます !?

また、2008 年にタイムマシンが発明される!(【ドラえもん】より)

相対性理論がある限り、可能性がゼロでは無いようです。

ちょっと、机の引き出しを開けてみませんか?

それでは皆様、夢いっぱいのハッピーな一年でありますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »