« 独Cherry社 MX(青軸)スイッチ採用のキーボード(2) | トップページ | 富士通アクセシビリティ・アシスタンス 「ColorSelector」 »

2007/10/30

PCM1796を搭載したUSB DACが登場

WAVIO USBオーディオプロセッサー SE-U55SX(W)

SN比115dBを実現。WAVIO USBオーディオプロセッサー SE-U55SX(W)

本日(2007.10.30)、オンキヨーからバーブラウンの PCM1796 を搭載した USB DAC が、プレスリリースされました。

オンキヨーならではの「音」そして「機能」を売りにした製品です。

バーブラウン PCM1796

まず、クロック回路には周波数偏差が±10PPM(百万分の一)の高精度水晶発振子を搭載し、ジッター(デジタル波形の揺らぎ)を大幅に低減しています。

デジタル電源部に OS-CON を搭載。低 ESR 電解コンデンサの恩恵が受けられる部分です。

カップリングコンデンサ には ELNA のオーディオ用電解コンデンサ。ここは音質を左右する部分ですね。

さらに、SN比は115dB、24bit/96kHz 信号処理にも対応し、CD よりも ピュア な HD サウンドも楽しめます。

SE-U55SX INTERFACE

■入力端子:デジタル3(光2、同軸1)、アナログ(ステレオRCA)1、MIC入力(φ3.5mm/モノラル)1
■出力端子:デジタル2(光2)、アナログ(ステレオRCA)1、ヘッドホン1(φ3.5mm/ステレオ)

ちょっと改造すれば、まだまだ高音質を狙える部品構成だと思いますが、民生品でこの価格であれば、まず納得のいく仕様でしょう。

あとは、PC外付けの機器ですので、サウンドボードよりPCノイズの影響を受けにくいのも、音楽再生時にプラスにはたらくと思います。

>> 詳細はコチラをご覧ください。

|

« 独Cherry社 MX(青軸)スイッチ採用のキーボード(2) | トップページ | 富士通アクセシビリティ・アシスタンス 「ColorSelector」 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128227/16923761

この記事へのトラックバック一覧です: PCM1796を搭載したUSB DACが登場:

« 独Cherry社 MX(青軸)スイッチ採用のキーボード(2) | トップページ | 富士通アクセシビリティ・アシスタンス 「ColorSelector」 »