« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/29

「究極のキーボード」と「至高のキーボード」

独 CHERRY 社の茶軸 / 黒軸キースイッチを採用のマジェスタッチをベースとした、Bluetooth Ver 2.0 + EDR 準拠のワイヤレスキーボードです。

今までワイヤレスキーボードが欲しくても、キータッチで好みのものが無かったので、このような製品を待っていました。

マジェスタッチシリーズの打ち心地、重量感、高級感をそのままに、Bluetooth を採用してワイヤレス化してありますので、キーボードの究極形かもしれません。

【 独 Cherry 社製MXスイッチ 茶軸採用 】

【 独 Cherry 社製MXスイッチ 黒軸採用 】

本製品はダイヤテックとソフマップの共同企画により製品化したもので、ダイヤテック ソフマップ 及び ビックカメラ にて販売されています。


東プレRealforceシリーズ メタルカスタムキット(Real Black)

品質の良さで定評のある東プレRealforce シリーズ。キー寿命が 3000 万回以上と優れたキーボードゆえに、長く使っているとどうしてもデザイン的な飽きがきてしまうものです。

そこで考案されたのが、この「メタルカスタムキット」! Realforce のアンダーケースを外すことなくカスタムキットに設置することができます。

アルミ天板はヘアライン加工 → 黒色塗装 → アルマイト加工の 3 段階を経て、光を吸収するような落ち着いたブラックに仕上がっています。

至高のキーボードを目指すなら コレ しかないでしょう。

現在、89シリーズ専用 91シリーズ専用 がラインアップされていて、こちらはダイヤテック の通販でゲットできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/28

NHK「経済羅針盤」で紹介!オイシックス

7月29日(日) NHK 「経済羅針盤」 (朝8:25~8:55) で紹介されます。

有機野菜などの安全食材宅配 感動食品専門スーパー

Oisix(おいしっくす)

(野菜など食材の通信販売で急成長している会社です)

おためしセット

Oisixで取り扱っている毎日の食材1200品から、今いちばんおいしい旬の野菜と人気商品をセット。

農薬を通常の半分以下に押さえた、採れたてで新鮮な野菜や果物です。

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/07/08

24.1型カラーマネージメント液晶モニター EIZO ColorEdge CG241W

映像の専門メーカーであるナナオから、デザイン・印刷・DTP・デジタルフォトなどのグラフィックス用途向け、「ColorEdge」シリーズの新商品が発売されました。

■ EIZO ColorEdge CG241W-BK センサーセット

スタンダードモニターの「FlexScan」は高品位モニターとして多くの方に知られていますが、厳正な色表示が要求されるプロフェッショナルの現場では「ColorEdge」が多く使用されているのをみなさんご存知ですか。

コンピュータでグラフィックスの作業をすると、カラーマネジメント(色の管理)はとても重要で、正確な色を表示でき、複数の作業者が同じ色環境で作業するのが理想的です。

また、経年変化により輝度や色温度が少しずつ変化してしまうと、正しい色が表示できなくなってしまうので、定期的にハードウェア・キャリブレーションをすることにより、常に安定した色を保つことができます。

この商品は VA パネルを採用していますので、他の CGシリーズ(IPS パネル採用)と比較してしまうとスペック的に見劣りしそうですが、(うまくチューニングされているみたいで)フラッグシップモデルの「ColorEdge CG221icon」と見比べてみてそれほど遜色ないレベルに仕上がっていると思います。

価格をみるとコストパフォーマンスは抜群で、プロフェッショナルはもとより、デジタル一眼レフカメラ・ユーザーやハイエンド・ユーザーの方にも最適のモニターではないでしょうか。

A4 見開き 2 ページ実寸表示 + ツールパレットが収まる大画面、WUXGA (1920×1200)対応 24.1 型カラーマネジメントモニターが、あなたのクリエイティブワークをさらに引き上げることでしょう。

EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」の公式サイトはこちら iconよりご覧いただけます。

ColorEdge CG241W-BK(センサー無しモデル)

※センサーをお持ちの方


EIZOダイレクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »