« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/29

”FILCO”の キーボード(2)

Fkb108mlnbr1

■ FILCO FKB108ML/NBR

Ferrari Red をイメージした、イタリアンレッドカラーのメカニカルキーボードになります。

デザイン・ルックス・機能性ともほぼパーフェクトで、これほどまでに完成されたキーボードは滅多に目にすることは無いと思います。

フレームの赤色の塗装は、「下塗り」の工程と「上塗り」の工程とに分け、鮮やかな発色を実現。職人が一本一本、手で仕上げているのに”こだわり”が感じられます。

また、ブラック・カラーのディスプレイには、赤いキーボードがとても良く似合います!

Fkb108mlnbr2

キースイッチは、ドイツ Cherry 社の MX linear action (黒軸) を採用。

POS端末などの業務用端末に採用されているもので、スイッチの名称にあるとおり、押し下げる力がキーストロークに応じてリニア(直線的)に変化する特性を持ったものです。

キースイッチ内部の接点は少ない力で高圧に接触する構造で、その接点には金メッキ処理がされています。長期に渡る使用においても安定した性能が維持されます。

特に信頼性においては、各国の業務用端末に採用されていることで証明されています。


普通のキーボードでは飽き足らない、他の人とはちょっと違う、優越感の持てるスペシャルキーボード。

オンラインショップ 限定の、マジェスタ・レッド・キーボード でデスクトップを飾りましょう!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

”FILCO”の キーボード(1)

Img_0703271

ダイヤテック(株)のブランド、”FILCO”の キーボードです。

キーボードにこだわる方なら、”FILCO”の名前は聞いたことはあるはずですよね。

知らないって方は、是非ご覧になっていってください。

Img_0703272

こちらの製品は、Majestouch(マジェスタッチ)シリーズの日本語108キーボードで、筐体の色はブラック、”日本語かな”表示は無いタイプ、インターフェイスは USB と PS/2 の両方に対応しています。
(型番 : FKB108M/NB)

もちろん Windows Vista にも対応しています。

Img_0703273

ルックスは、コンパクトにまとめられたレイアウトと、つや消しブラックの精悍なフォルム、ブルーのLED がアクセントになり、とってもスタイリッシュです。

機能的なコンピュータ部品ですが、デスクの上を飾るオブジェとしても存在感があり、「機能美」に惚れてしまいそうです。

また、キーボード全体は重量感があり、キーを叩いたときの「沈み込み感」を軽減するため高剛性に設計されています。

高性能メカニカルキースイッチの動作を無駄なく受け止めるため、「しっかり」とした造りに”こだわり”が感じられますね。

Img_0703274

キースイッチは、メカニカルタイプでドイツCHERRY社のMXシリーズ「MX with tactile feel ergonomic」を採用。

軸の色が茶色なので、通称”茶軸”と呼ばれています。

”茶軸”はキーを押し下げる時の荷重が比較的軽めで、打鍵力の違いが原因となるミスタイプを防ぎ、高速・軽快なタイピングが可能になります。

キーストロークは約4mmと一般的なキーボードと比較して深く、接点は約2mm押し下げた位置にあり、動作に余裕のある設計です。

打鍵を叩いたときの「底打ち感」も最高で、タイピングがうまくなったと錯覚するほど気持ちが良いです。

MXシリーズは、他に黒軸・白軸・青軸がありまして、

  • 黒軸 : MX linear action (キーを押し下げる荷重がリニア【直線的】に変化する特性)
  • 白軸 : MX with tactile feel (茶軸と特性は似てますが、茶軸より荷重がちょっと重め)
  • 青軸 : MX with click tactile feel (カチリとしたクリック感がよくわかるタイプ)

などの違いがあります。

ここらへんは好みの問題もありますので、どれが良いとか一概に言えませんが、FILCOのキーボードでは”黒軸”を採用しているモデルもあります。(こちらもオススメです)

CHERRY社のMXシリーズを詳しく知りたい方は、メーカーサイトのページへ飛んで下さい。
(MXシリーズのテクニカルデータはこちらにあります)

Img_0703275

キーに印刷した文字は視認性が高いフォントを採用。”日本語かな”表示が無いモデルですので、スッキリとしたデザインが特徴です。

あと、指とコンタクトするキーの表面に若干の”ざらつき”感があり、キーにタッチするフィーリングも楽しめます。


こちらの製品は、高品位の部品を使用しているため、一般のキーボードと比較してプライスは若干高めですが、それに見合う価値はじゅうぶんあると思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/24

LCD-AD194YB アウトレット

Img_0703241

Img_0703242

ioPLAZAのアウトレット品、格安の19型液晶カラーディスプレイ(LCD-AD194YB)です。

19型の液晶ディスプレイが2万円ちょっとで買えるとは、良い時代になったものです。(ワケあり品ですが・・・)

Img_0703243

19型の液晶ディスプレイと19インチCRTディスプレイを並べてみました。

アナログCRTディスプレイのほうが、表示品質が優れているのは分かっているのですが、もう、価格と省スペース性で液晶ディスプレイを使わざるを得ません。



ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/21

フィールドに出よう

Img_070321

朝晩はまだ冷えるけど、日中の日差しは春そのもの。

少しずつ暖かくなってきたので、アウトドアしたい気分になってきました。

都会から「フィールド(野原)」に出て、大自然を楽しんできましょう。

釣りは私の「フィールド(領域・分野)」のひとつで、昔っから普通にはまっています。

(フィールドを連呼しているのは、このブログの名前が Kite's Field 【カイトズ フィールド】だから。もちろん後者の意味です)

アウトドアをするなら、やっぱりバスフィッシング!

湖畔でキャンプをして、朝マヅメから夕マヅメまで釣り三昧。どちらも楽しめるのが Good です。

っということで、ゴールデンウィークあたりに計画を立ててみます。



コールマン特集 - アウトドア&フィッシング ナチュラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

カテゴリ7のLAN ケーブル

iconicon      iconicon

■サンワサプライ CAT7 (カテゴリ7LANケーブル) icon

現在のLAN ケーブルは、エンハンスドカテゴリ5(1000BASE-T)、もしくは、カテゴリ5(100BASE-TX)に適合しているものが主流になっていますが、こちらの製品は10ギガビットLAN、次世代の10GBASE(10Gbps)に完全対応しているカテゴリ7のLAN ケーブルになります。

伝送帯域はカテゴリ5e の6倍、カテゴリ6 の2.4倍の600MHzをクリアします。(帯域が広いほど高速伝送が可能になります)

もちろん、カテゴリ6a(10GBASE-T)、エンハンスドカテゴリ6(10GBASE-T)、カテゴリ6(1000BASE-TX)、エンハンスドカテゴリ5(1000BASE-T)、カテゴリ5(100BASE-TX)、カテゴリ3(10BASE-T)に適合していますので、現在使用しているRJ-45ポートを持つ機器に接続しても問題ないと思われます。

10ギガビットLANはこれから普及すると思われますが、話のネタに時代先端のモノを持っているのも良いかもしれません!


サンワダイレクト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/16

Vista 最大メモリ容量

最大メモリ容量についての検索が多いのでこの記事を補足します。

Vista の各エディションでサポートする、最大メモリ容量です。

Home Basic Home Premium Business Enterprise Ultimate
32bit版 4GB 4GB 4GB 4GB 4GB
64bit版 8GB 16GB 128GB 128GB 128GB

どうぞ、この表をご参考にされてください。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/15

Vista 「互換モード」

Windows Vista の本領を発揮するアプリケーションの登場を期待していますが、まだ発売されたばかりのOSですので、現状では以前に開発された Windows 用のアプリを使うしかありません。

ただ、 Windows XP などでは間違いなく動作していたアプリケーションでも、正常に動かないケースがあります。

このような場合は、以前のOSと互換するために用意された「互換モード」を試してみましょう。

Img_070315

ショートカットを右クリックしてプロパティを開き、互換性のタブで設定します。

あくまでも「互換モード」ですので、このモードで正常に動かない場合は Vista に正式対応したバージョンを待ったほうが良いと思います。


もっと適切なアドバイスをしたいのですが、ケース・バイ・ケースですので、このような記事しか書けなくてスミマセン(ネットで公表するには、これが限界です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/10

Windows Vista 32ビット版のメモリ上限

Img_070310

Windows Vista には、32ビット版と64ビット版が存在しますが、32ビット版を使用した場合の、利用できる最大メモリ容量は「4GB」という制限があります。

これは、Vista に限らず 32ビットOSの宿命で、利用できるメモリ空間が「4GB」だからです。

さらに、ハードウエア(チップセットなど)の問題もあり、メモリを「4GB」搭載していても生かしきれないのが現状です。

32ビット版 Vista マシンに、1GB のメモリモジュールを4枚挿して 4GB 仕様とし、試した結果が上の画像で、「2751MB」までしか認識していないのがわかると思います。

ちなみに、64ビット版を使用すれば 4GB を使いきれるようになります。

※ 64ビット版を使用するには、プロセッサ等が対応している必要がありますので、注意して下さい。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

ファイル名を指定して実行

前記事の続きです。

「ファイル名を指定して実行( [ウィンドウズ] + [R] キー)」を使用して、起動させると便利なツールを紹介します。

「コントロールパネル」経由で起動できるものもありますが、上級者ならこちらです。

コマンドプロンプト cmd
コンピュータの管理 compmgmt.msc
コントロールパネル control
デバイスマネージャ devmgmt.msc
ディスクの管理 diskmgmt.msc
イベントビューア eventvwr.msc
システム情報 msinfo32
信頼性とパフォーマンス perfmon.msc
レジストリエディタ regedit
システムのプロパティ sysdm.cpl

※ Windows Vista で、動作の確認がとれたものを記述しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

Windows NT 6.0

ちょっと問い合わせがあったので、このブログをお借りしてお答えします。

Windows Vista のバージョンは、「Windows NT 6.0」です。

ちなみに、2000 は「Windows NT 5.0」、XP は「Windows NT 5.1」、Windows Server 2003 は「Windows NT 5.2」。

あとは、知ってるけど知らない!


これだけでは、”なに”ですので、「ファイル名を指定して実行」のキーボード・ショートカットなどを。(VistaでもXPでもOK)

[ウィンドウズ] + [R] キーで、起動します。

Img_070305

これからどうするかは、お好みでどうぞ。

あたりさわりないところで「explorer」など入力されてみては?

ちなみに「EDIT」と入力すれば、昔の「スクリーンエディタ」が起動します。その当時を知っている方は、きっと懐かしいでしょうね。


こう書いていると、どんどん発展してしまうので、次回にご期待ください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

Logicool G7 Laser Cordless Mouse

Img_0703041

(光沢ありのボディはカッコイイのだが、撮影するとなるとムズカシすぎるぞ!)

愛用のコードレスレーザーマウスですが、超なめらかに動くマウスオペレーションに惚れています。

ゲーマー用に開発された製品で、解像度は脅威の2000dpi、フルスピードUSB(最大8倍高速)、2.4GHz無線式コードレスで快適オペレーションを実現します。

私はゲームしない人なので、スペック的にもったいないような気がしますが、ボディは大柄で手に良くなじみ、長時間の連続使用が前提のゲーム向けなので、ストレスをあまり感じさせません。

ゲームはもちろんですが、グラフィック、CAD、DTPなどマウスをよく使うソフトにも適していると感じます。

Img_0703042


そうとう使い込んでいますが、まだ、カタログに載っているようなので記事にしてみました。

ちなみに、いちばん見て頂きたいのは、うまく撮れた画像だったりします。(^^)/ 丸みを強調して、演出用にブルーのラインを入れてあります。

プロが撮った製品画像はこちらで、同じモデルですが、ちょっと雰囲気が違います。



ロジクールストア(トップページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/03

新OS ビスタに乗り換えよう!

ウィンドウズ ビスタのエディションは5種類もあるので、どれを買えばよいのか迷ってしまいます。

基本的には、個人ユーザー向けの「ホーム」と、企業ユーザー向けの「ビジネス」があり、基本機能はどれも共通ですが、サポートする機能に違いがあります。

また、全てのエディションの機能を包括した「アルティメット」があり、これを買えば迷う必要はありません。

「エンタープライズ」というエディションも存在しますが、複数ライセンスを一括導入する企業向けのボリュームライセンス版なので、個人での入手は難しいでしょう。


■ アルティメット (Windows Vista Ultimate)

自宅でも仕事でも活躍。あらゆるニーズに応える、すべての機能を搭載したフルスペックエディション。自宅での作業、外出時の作業、エンターテイメント。すべてを同時に満たすオペレーティング システムを求める方に最適です。


■ ホーム プレミアム (Windows Vista Home Premium)

使いやすく美しいWindows Aeroユーザーフェイスをはじめ、写真や映画、音楽などのデジタルエンターテイメントまで、家庭でPCをお楽しみいただくのに最適なエディションです。


■ ビジネス (Windows Vista business)

セキュリティやバックアップ、モバイル機能などビジネスに求められるさまざまな機能を搭載。企業はもちろん、個人ユーザーの方にもオススメのビジネス向けエディション。


■ ホーム ベーシック (Windows Vista Home Basic)

基本機能を網羅したWindows Vista ベーシックエディション。Webブラウジングや電子メール、簡単な文書作成など基本用途のみに利用したい方に適しています。


今、お使いのPCをビスタに乗り換えるためには、ビスタが動作するか確認する必要がありますので、必ずこちらでチェックしてください。
http://windowsvista.jp/upgrade/

※パッケージは、「製品版」、「アップグレード版」、「アカデミック版」、「DSP版」がありますので、適している物を選びましょう。

※さらに、DVD-ROMとCD-ROMのインストールメディアの違いや、32bit版と64bit版が存在しますので、注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/01

Vista のタブレット・テクノロジ

Img_0703011

ウィンドウズ ビスタ(Home Basicを除く)には、「Tablet PC 入力パネル」という機能(ソフト)が用意されています。

([ スタート] → [ すべてのプログラム ] → [ アクセサリ ] → [ Tablet PC ] → [ Tablet PC 入力パネル ])

タブレット入力なので、外付けのペンタブレットやタブレット入力可能なノートPC 向けだと思いますが、マウス操作でも時には便利に使えます。

たとえば、難解な漢字を入力する場合や、キーボード入力が不慣れな方には、とっても良いツールだと感じます。

Img_0703012


ここでちょっと宣伝しちゃいますが ペンタブレット は、 Windows Vista に対応していて、コードレスペン、コードレスマウス、5種類の標準ソフトが付属する、ワコムの「 CTEシリーズ 」がおすすめです。

いっぱい Vista に落書きしちゃいましょう!

詳細はメーカーサイトのページをご参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »