« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/26

Vista が快適に使用できるモニターとは?

下の表は、このブログに訪問されている方が利用しているディスプレイの環境です。

過去4ヶ月のアクセスを集計し、割合の高い上位5位まで表示してあります。

解像度 / カラー数

  割合

1   1280x1024 / TrueColor 32.3%
2   1024x 768 / TrueColor 26.2%
3   1024x 768 / HighColor 7.8%
4   1600x1200 / TrueColor 4.7%
5   1920x1200 / TrueColor 3.8%

No.1 の解像度は 1280x1024 で、17インチ、もしくは、19インチのモニターを使用していると思われます。
No.2 と No.3 は、1024x 768 で、表示色数(32bit/16bit カラー)の違いがあります。
No.4 は、1600x1200 なので、19インチ以上のスクエアモニター。
No.5 は、フルHD解像度に対応しているワイドモニター(1920×1200)です。


この表をご覧になった上で、それでは本題に入ります。

Windows Vistaでは新機能として、時計やRSSリーダーなどのガジェットと呼ばれる便利な小物ソフトを、「サイドバー」と呼ばれる表示エリアに常に表示できます。

便利な反面、作業エリアが狭くなってしまうのが難点です。


どれくらい作業エリアを圧迫するのか、Vista の「サイドバー」と4つのソフトを並べて表示させて、解像度の違いを比較してみます。

Vista_12801024

No.1 の割合の解像度(1280x1024)で表示すると、このようになります。

特に使えない訳ではないですが、作業性があまりよくなさそうです。

余談ですが、うちはこの環境で使用しています (^^;

Vista_19201200 

フルHD対応、解像度 1920×1200 での表示です。(No.5 の割合の方が使用されている環境)

表示解像度が上がると、さすがに使いやすそうですね。

この解像度は、Blu-rayやHD DVDなどの次世代コンテンツのPCでの再生に最適です。

また、目への負担が少なくなり、疲労も軽減できそうです。作業効率も当然上がることでしょう!


モニターは、他のPC機器に比べて長く使えるものですので、新規に購入される方も、Vista 発売を契機に買い替えを検討されている方も、将来的に良質のものを選んでおきたいものです。

最初に紹介した表の「No.1~No.3」に該当される方にはイチオシ、以外の方にもオススメする、液晶モニターは EIZOの FlexScan S2411Wicon という製品です。

横縦比 16:10、WUXGA(1920×1200)表示可能な、24.1 型カラー液晶ワイドモニターで、モニターと呼ぶのにふさわしいモデルだと思います。(実機は当然見ています!)

過去にも、この製品を紹介しているので、こちらもご参考にご覧下さい。

レビューアフィリエイト_ワイドdeVista

EIZOの直販サイト「EIZOダイレクト」では、2007年3月31日までの期間中、ワイドモニターFlexScan S2411Wicon (またはFlexScan S2111Wicon )をお買上げいただいたお客様にもれなく、Windows Vistaご購入資金として商品券5000円分をプレゼントしております。是非、この機会をお見逃しなく。

EIZOダイレクト review affiliate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/25

Vista フォルダ ウィンドウとレイアウトの変更

Windows Vista のフォルダ ウィンドウは、ファイルのプレビュー表示や詳細ペインなどの機能追加により、大きく変化して使いやすくなっています。

Img_0702251

フォルダ ウィンドウの各部の名称です。

アドレスバー、メニューバー、検索ボックス、コマンドバー、ナビゲーションペイン、ファイルの表示領域、プレビューペイン、詳細ペインから構成されています。

デフォルトでは、「メニューバー」、「プレビューペイン」、「詳細ペイン」は非表示になっていますので、すべてを表示させている状態です。

Img_0702252

非表示項目 を 表示 させたい場合は、コマンドバーの [ 整理 ] → [ レイアウト ] をクリックして、サブメニューよりひとつずつ選択します。

「プレビューペイン」は、画像・文書・動画など(Vistaが対応していれば)プレビュー表示されるので、画面に余裕があるときは表示させておくと、とても便利です。

各ペインの表示・非表示は、必要に応じて切り替えましょう。

Img_0702253

ファイルの表示形式を切り替えたい場合は、コマンドバーの [ 表示 ] ボタン、または、 [ 表示 ] ボタンの右側にある [ ▼ ] をクリックして、詳細オプションより行います。

特大アイコンから小アイコンまでのアイコン表示、一覧、詳細、並べて表示が選択可能です。

詳細オプションのスライドバーをマウスで操作すれば、70段階で表示形式を細かく調節もできます。

Img_0702254

プレビューペインを使えば、テキスト文書も中身を開かずに閲覧できます。

たぶん、これから登場が期待される(フリーなどの)アドオンソフトによって、様々な形式のファイルがプレビューペインで閲覧できることでしょう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/24

Vista 「Windows エクスペリエンス インデックス」

Windows Vista 搭載のパソコンを購入されるときに、決め手になるのは一体何でしょう?

デザインや価格もそうですが、やっぱり性能が気になりますよね。

動作が重くて快適に使えないパソコンなんて、ストレスが溜まる一方です。

そこでなのですが、性能の比較基準になるものがあります!

Windows Vista の「Windows エクスペリエンス インデックス」という、簡易ベンチマークの評価を見ましょう。

店頭で機種を選ぶ際に、価格がほぼ同じでメーカーが違うパソコンを比較したり、もう少し上位機種を選ぶとどれくらい性能が上がるかなど、迷った時の判断基準になります。


★パソコンの情報を、簡単な手順で表示させる方法があります。店頭などでは便利です。

キーボードで、[Windows] + [Pause] キーを押します。

Img_0702241

そうすると、Vista のバージョン、プロセッサ(CPU)の種類、メモリ搭載量などがわかります。


さらに(本題の)「Windows エクスペリエンス インデックス」をマウス・クリックしてください。
(「コントロールパネル」 → 「システムとメンテナンス」 → 「パフォーマンスの情報とツール」でも同じ)

Img_0702242

サブスコアと基本スコアが、そのPCの評価となります。(サブスコアの一番低い値が基本スコアになります)

スコアの上限は(現在では) 5.9 で、 1.0~5.9 の間で評価され、マイクロソフトによると、3.0以上が快適に使える基準だそうです。

動作の重いソフトを快適に使うには、 4.0 以上は欲しいところですね。

スコアが高いPCの方が、これからより長く使える(PCライフが長い)と思いますが、オフィス・スイートやインターネット・ブラウジングなどの使用がメインの場合は、性能を使いきれないことも考えられるので、お財布と相談しながら・・・ということでしょうか。


「Windows エクスペリエンス インデックス」の「詳細の表示と印刷を行います」をマウス・クリックすれば、さらに詳しくわかります。

Img_0702243




富士通

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/22

BOSE オリジナル・リストウォッチプレゼント

3月1日から4月30日まで、「BOSE オリジナル・リストウォッチプレゼント BOSEでは、3月1日から4月30日まで、「BOSE オリジナル・リストウォッチプレゼントキャンペーン」を実施します。好評のマルチメディア・スピーカーをご購入いただいたお客様全員に、もれなくリストウォッチを差し上げる、特別なキャンペーンです。

キャンペーンの対象製品は、以下の5製品です。

・プレミアムコンパクトスピーカー「マイクロミュージックモニター(M3)

・5.1chスーパーフロントサラウンドを実現した「コンパニオン5

・2.1ch本格ステレオサウンドを再生する「コンパニオン3 II

・コンパクトボディで気軽によい音を楽しめる「コンパニオン2 II

・iPod専用サウンドシステム「サウンドドック


BOSE Export, Inc.

受賞のお知らせ

優れた音響性能と機能美を誇るプレミアムコンパクトスピーカー「マイクロミュージックモニター(M3)」が、オーディオ専門誌のstereo誌による「年間最優秀コンポ2006」を受賞。また、「ベスト・バイ・コンポ2006(6万円未満のスピーカーシステム部門)」で、第一位を獲得しました。さらに、優れたプロダクトデザインを評価され、「2006年グッドデザイン賞」に輝いています。 Good_Design_Award



BOSE オリジナル・リストウォッチプレゼントキャンペーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/18

本革のあたたかい質感 人とは違うノートパソコン

ASUS W6Fp (Leather Note PC)

革張り採用で使えば使うほど味が出るハイエンドモバイルノート。

本体の天板部分と、もっとも手に触れやすいパームレスト部分に本牛革を使用し、職人が1つ1つ手作りで仕上げていますので、1台として同じデザインのノートパソコンはありません。

また、Windows Vista Home Premium を標準で搭載し、Windows Vista Ultimate へのアップグレードにも対応しています。

革のあたたかみに隠れたその内部には、さりげなく最新の技術が詰め込まれています。

デュアルコアCPUのインテル Core 2 Duo プロセッサー T5600、高速なグラフィックス機能、映像エンジンの搭載など、見えない部分へのこだわりが、W6Fpという上質なノートパソコンの存在価値を高めました。

13.3型ワイドTFTカラー液晶、ハードディスク 120GB、メモリ 1GB、DVDスーパーマルチドライブ、87キー日本語キーボード、USBマウス(スクロール機能付)付属、専用キャリングケース付属などの仕様も、ユーザーの心をつかんでいます。

一般的なノートパソコンとは違う、持って・使って・見せて楽しい、新しいノートはいかがですか。

■ スペシャル コンテンツ

■ 商品の詳細(メーカーページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/17

艶カラー ノート パソコン SONY VAIO type T

Img_070217

Vogue なモバイルノート、SONY VAIO type T が、新OS Windows Vista を搭載しエボリューションして登場してきました。



Vaio_type_t_b Vaio_type_t_g Vaio_type_t_r

新たに3色のプレミアムカラーが加わり、新色の基本コンセプトは“SEXY & LUXURY”。

それは、艶やかで微妙な輝きと深みがあり、高級感が漂う隠し味のきいた、大人の男女が身に纏う感覚の色。

本革のバッグに入れて持ち歩き、使うときはさりげなく取り出して、できる"大人"を演出する。そんなアイテムに相応しいモデルです。

特徴は、ボディにカーボン繊維素材を使用してスリム&ライト(最薄部約21mm、軽量 約1.25kg)。1 seg や DVD-VIDEO 再生などのAV用途も楽しめ、最長約14.5時間の長時間駆動、指紋センサー搭載のセキュリティガードなどが挙げられます。(ソニースタイルのカスタムメイドにて選択可能です)


VAIO type T(プレミアムカラー)は、PCの域を超えてお洒落なライフを創造するツールにもなる。

垢抜けた大人が持つ、上品なモデルです。


Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/12

イチオシの省エネタップ

iconicon

サンワサプライ TAP-255WSV icon

ひさしぶりのエコグッズの紹介です。イチオシの省エネタップです!

この商品、「消費電力確認メーター」がついているので、電力の使いすぎを防ぐのに役立ちます。

また、電気製品をコンセントに挿しているだけで、電力がわずかに消費されているのは、みなさんご存知ですよね。

これは待機電力と呼ばれていますが、節電のために電気製品のコンセントをいちいち抜くのも面倒です。

そこで、5個の独立したランプ付きスイッチで、使用する機器だけ電源をON・OFFしたり、一括集中スイッチでまとめて電源ON・OFFして、節電してみましょう。

サーキットブレーカーも内蔵されていて、許容量を超えた場合はブレーカーが働き、事故を防止するので安心・安全です。

普段から消費電力を意識して、また待機電力も減らせれば、CO2の排出を減らすことにつながりますので、地球に優しいエコグッズというわけでした。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/11

ハイクオリティ AV用 ケーブル

最近は Vista の記事ばかりで、DIGITAL オーディオの書き込みを忘れていました (^^;

でも工作ネタはないので、ハイクオリティ オーディオ ビデオ ケーブルの紹介です。

デジタル同軸ケーブル

同軸ならではの魅力あるデジタルサウンドを実現。5N(99.9997%)単結晶高純度無酸素銅線と、耐久性・柔軟性に富んだRG6構造の採用によって、高品位の高周波レスポンスを実現。さらに4層シールド構造、ニトロゲンガス注入絶縁体、銀ハンダ接合などにより歪みを最小限に抑えます。

 

TOSリンク・デジタル光ケーブル 

ハイグレードなマルチコア光ファイバーを採用。このマルチコアファイバー構造はデジタルの歪みを著しく低減することから、シングルコアケーブルをはるかに凌駕します。

 

HDMI オーディオ・ビデオケーブル

デジタルハイビジョン映像とマルチチャンネル・デジタルオーディオソースの両方を1本で伝送し、高精細な映像とダイナミックなサウンドを忠実に再現します。

 

i.LINKケーブル 4-pin to 4-pin

信号ロスやデータエラーの問題は解消。高品質素材と先進テクノロジーを一体化することで、デジタル信号を最大化、ノイズ干渉を最小限に抑制します。

 

RCAオーディオケーブル

卓越したPCOCC®(単結晶高純度無酸素銅)のハイブリッド導体技術により、ディテール溢れるサウンドを展開。



デジタルオーディオ信号もデジタルハイビジョン映像も、ロスの少ない伝送で究極をめざしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/10

グッドデザイン賞受賞 GIGABYTE ノートPC

iconicon

GIGABYTE W251U-512 icon

GIGABYTEは、マザーボードを主製品とするメーカーで、マザーボードのシェア率・世界第4位の実力を誇ります。

そのマザーボード市場で培った高い開発力、技術力、品質から生まれた、BTO・カスタマイズ可能なノートPCです。

icon

カバー部分にマグネシウム-アルミニウムを採用することにより、冷却製のと耐衝撃性に優れ、1.85kgの軽量化を実現しています。

2006年度グッドデザイン賞を受賞。

Microsoft Windows Vista™ 搭載モデルです。

Good_Design_Award

 

 

iconicon

同様のデザインで、NVIDIA GeForce Go 7400グラフィックカード搭載モデルの W551N-712UL icon もオススメです。

Gigabyte製ノートパソコン  日本初上陸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/07

グッドデザイン賞受賞 フラッグシップデスクトップPC

Img_070207

エプソンダイレクト   Endeavor Pro4000

最新CPUを搭載し、最高性能のハイエンドモデル。

デスクトップPCの中でNo.1のスペック!

直販パソコンならではの、豊富なBTOでカスタマイズも可能です。

CPUは、

  • インテル® Core™ 2 Duo プロセッサ E4300/E6300/E6400/E6600/E6700
  • インテル® Core™ 2 Quad プロセッサ Q6600
  • インテル® Core™ 2 Extreme プロセッサ QX6700

から選択可能。

OSは、Windows Vista のすべてのエディションに対応していて、

  • Windows® XP Home Edition Service Pack2 正規版
  • Windows® XP Professional Service Pack2 正規版
  • Windows® XP Professional x64 Edition 正規版
  • Windows Vista™ Home Basic 正規版
  • Windows Vista™ Home Premium 正規版
  • Windows Vista™ Business 正規版
  • Windows Vista™ Ultimate 正規版

の中から選べます。


また、スピード×スピードで、2日でお手元にお届け。
>http://www.epsondirect.co.jp/mind/delivery/service01.asp

万一の時も、1日で修理。アフターサービスも充実しています。
>http://www.epsondirect.co.jp/mind/repair/service03.asp

G_design

さらに、2006年度グッドデザイン賞を受賞。
>http://www.g-mark.org/search/Detail?id=32110&sheet=outline



最高のパフォーマンスをあなたの手に!



エプソンダイレクト株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

ワイド&スリム ノート パソコン SONY VAIO type F

Vaio_type_f1




Vaio_type_f2




Vaio_type_f3




Vaio_type_f4




Vaio_type_f5



                        SONY  VAIO type F


                                                  like.no other




      Vista_business_logo        Vista_premium_logo       Vista_basic_logo


Sony Style(ソニースタイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/04

スタイリッシュ ノート パソコン SONY VAIO type C

Vaio_shell_white

ノートパソコンで、自分らしさをアピールしましょう。

Vaio_coral_pink

Vaio_coral_pink_f



外に持ち出して、ファッションにしましょう。




カラーは、ヨーロッパのデザインセンターが、選び抜いた色を採用しています。

Vaio_6colors


・アーバングレーで、メトロポリタンをイメージ!

・エスプレッソブラックで、落ち着いた大人をシックにキメル!

・コーラルピンクで、かわいらしさを表現!

・シェルホワイトで、センスよくスタイリッシュに!

・サマースカイブルーで、開放的に明るく!

・フレッシュグリーンで、オリエンタル風に優しく!


どのカラーも魅力的ですが、あなたならどれを選びます?


Vaio_espresso_black_f カラーに目が奪われがちな、このモデルですが、

もちろん、OS は話題の Windows Vista を標準搭載しています。


美しい Windows Aero ユーザーインターフェースを楽しむなら、メモリーは1GB 以上、Windows Vista のエディションは、「Windows Vista Home Premium」か「Windows Vista Business」を選択しましょう。


SONY VAIO type C icon のことを、もっと詳しく知りたい人は、こちらiconからアクセスしてね。

Vaio_espresso_black

なお、注目のカラーは VAIOオーナーメード限定カラーの、
シックな「ESPRESSO BLACK」です。



Sony Style(ソニースタイル)

VAIO_type_C

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/02

Vista 「Windows ReadyBoost」 Vol.3

「Windows ReadyBoost」が使えない例を、ちょっと・・・

Img_0702021

32MBのふるーいUSBメモリを装着したところ、ニゴロ(256MB)以上の容量が無いとだめと断られました。

Img_0702022

512MBで45倍速のコンパクト フラッシュを装着したところ、おそすぎて使えないと断られました。

「Windows ReadyBoost」対応の USBメモリでは、問題なく機能しましたので、パフォーマンスアップをさせたいのあれば、正式対応しているUSBメモリを選択するのが良いのでは....っと思います。

※「Windows ReadyBoost」は使用する環境によって、思っていたほどのパフォーマンスが得られない場合があります。(効きの程がわかりづらいという意味です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/01

Vista 「Windows ReadyBoost」 Vol.2

ReadyBoost 対応のUSB メモリ(フラッシュ メモリ)を、PCに装着して簡単な設定をすれば、HDDのキャッシュとして機能します。

「Windows SuperFetch」と併用すれば、システム レスポンスの大幅な向上につながるそうです。

Img_0702011

USB メモリを装着すると、このダイアログが表示されます。ここで「システムの高速化」をクリックします。

Img_0702012

「このデバイスを使用する」にチェックして、ReadyBoost 用に割り当てる領域(容量)を設定します。容量はシステム(メイン)メモリの 1 ~ 3 倍を確保することで最高のパフォーマンスが得られるそうです。また、ReadyBoost がサポートする最大容量もあるので、USB メモリの全容量が ReadyBoost 用に割り当てられない場合もあります。

Img_0702013

USB メモリには、「ReadyBoost.sfcache」が作成され、指定した容量がキャッシュとして機能します。USB メモリの全容量から ReadyBoost 用の領域を引いた値が、データ保存用の領域となります。

※この記事より、Windows Vista Ultimate 日本語 製品版を使用しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »