« 自作 ファン口径変換アダプタの設計 | トップページ | ポイント・クーラー »

2005/08/22

TDA1541のペルチェ冷却

IMG_12-1

実験やってみました。室温同調で制御自体は問題ありません。

昔、長期間CPUを冷却していた機材なので信頼性はあると思います。

しかし、DCがフラフラしてます。

想像していた結果とかけ離れていて、しばらく頭の整理がつきません。


よーく考えて、多回転ボリュームが一番怪しかったのでBOURNS製に交換。

IMG_12-2

そうか、原因はおまえだったのか・・・

その後、短時間ですが様子を見て、特に問題は無さそうなので実験は終わり。

もう一度、時間を掛けて計測して動作を確認したいと思います。

お騒がせしました!


ここで終わりたいところなんですが、新たな妄想がメラメラと・・・

(一般的に温度が低い方が電子部品の特性が良くなる傾向なので)、マイナス10℃に冷却したTDA1541からは一体どんな音が出てくるのかなんて・・・しかし、リスクは高そう。

|

« 自作 ファン口径変換アダプタの設計 | トップページ | ポイント・クーラー »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、ベルチェは良いアイデアですね。脱帽。

投稿: ks | 2005/08/24 08:32

ksさん、はじめまして。氷点下サウンドには期待大ですね。

投稿: kitefield | 2005/08/24 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自作 ファン口径変換アダプタの設計 | トップページ | ポイント・クーラー »